耳鳴りとヨガ

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りとヨガについて

日常生活では絶対に行わないような動作が特徴のヨガは、自律神経を安定させる訓練に繋がるため、耳鳴りの予防として適していると言われております。

 

ヨガを行えば直ぐに耳鳴りが気にならなくなるというわけではありませんが、身体全体の不調が耳鳴りに繋がっているというケースは決して少なくないため、ヨガで鍛えるというのは選択肢の一つなのです。

 

そもそも、ヨガはインド発症の修行法の一つとなっており、「結ぶ」「繋ぐ」「統一」「縛る」を意味し、訓練を重ねることによって心と身体、そして精神を結合させることができます。

 

最近では、ヨガには美容効果があるということで女性を中心に人気が定着しており、身体の歪みを整えてコンディションを整えたり、病気を治したりできるのです。

 

一連のヨガを行えば耳鳴りや頭痛、冷え性といった不快な症状が予防できるだけではなく、全身のストレッチになるため、心身の健康に繋がるのではないでしょうか。

 

心身が健康であれば、自然に美しさにも繋がっていくので、美を求める女性にヨガは適していると説明できます。

 

本人が意識せず自然と実施されている脈拍や呼吸は自律神経の働きによるもので、そのバランスが崩れていると耳鳴りが引き起こされやすくなるため、ヨガを利用して整えなければならないのです。

 

とは言え、少しでも早く耳鳴りの症状を改善したいと思っているのであれば、ヨガだけではなくこのサイトでご紹介している美聴泉の併用をおすすめします。

 

美聴泉は健康食品の一つとなっており、決まった量を摂取することで有効成分が体内へと行き渡り、身体の内側から耳鳴りを中心としたトラブルを改善してくれるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、現在ではヨガの効果が多くの方に知れ渡り、色々な種類が増えてきましたが、どのようなポーズを行えば良いのか分からないという方がいらっしゃるはずです。

 

そこで、両手の指を使って体内に流れている手の経絡を刺激できる指ヨガが適しており、短時間で行えるというメリットも持ち合わせております。

 

指ヨガの方法は決まっているわけではありませんが、両手を大きく広げて軽く合わせ、息を吐きながら身体全体を右に捻り、今度は息を吸いながら身体全体を左に捻っていくのです。

 

このセットを繰り返し行うことによって耳鳴りは次第と改善されていきますし、難しいポーズをしなければならないというわけではないので、自宅で気軽に試すことができます。

 

「手の指と耳鳴りには関係性がないのでは?」という疑問を抱えるかもしれませんが、ヨガの世界では手の指が全身に影響を及ぼしていると考えられているのです。

 

それに、心臓の働きを助ける心経や呼吸器系を司っている肺経など、指には6本の経路が通っているので、それらを刺激する方法の一つとしてヨガが適しております。

 

 


「耳鳴りの予防方法」についてのページ