耳を掃除して耳鳴りを予防しよう

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳を掃除して耳鳴りを予防しよう

耳鳴りの症状が辛いと悩んでいる方は、耳を掃除して予防してみてはいかがでしょうか。

 

耳鳴りの原因は、「筋肉の炎症」「自律神経の乱れ」「生理現象」「精神的なストレス」「身体の歪み」など個人によって大きく異なります。

 

しかし、耳垢が溜まって外耳道を塞ぎ、聞こえが悪くなったり詰まったような感じがしたりしてガサガサやコトコトといった耳鳴りが発生するケースも少なからずあるのです。

 

意外と耳掃除を丁寧に行っている方は少ないため、耳鳴りを少しでも予防するために耳垢を取り除くケアが必要となります。

 

耳垢が溜まって外側から見えている状態はイメージが悪く、「汚い」「臭そう」「不潔」という印象を与えるので注意しなければなりません。

 

ただし、耳鳴りを予防するために耳掃除を行い、逆に症状が悪化したという方がいらっしゃいました。

 

 

・耳掃除を行ってからというもの耳鳴りの症状が悪化した

・耳掃除を始めてから痛くなる状態が長期間に渡って続いた

 

 

上記のような口コミがインターネット上では流れており、「本当に耳掃除で耳鳴りの予防や改善に繋がるのだろうか?」と不安になるはずです。

 

恐らく、このような方は間違った耳掃除の仕方を行っていたのではないでしょうか。

 

空気中に含まれるホコリと分泌される皮脂が絡まり合って耳垢が形成され、鼓膜に付着すると頭を下げたり動かしたりした際にガサガサと不快な音が発生します。

 

だからといって耳の掃除を雑に行ったり頻繁にイジったりしていると耳垢栓塞と呼ばれる病気を患い、軽い難聴のような症状が引き起こされるのです。

 

聞こえが悪くなったり耳鳴りが悪化したりと様々な弊害がありますし、耳の中は想像以上にデリケートなので正しい掃除の仕方を心得ておいた方が良いでしょう。

 

 

・鼓膜は耳の穴から意外と近いのであまり奥まで入れすぎない

・カサカサタイプの人は耳かきを使ってケアする

・しっとりタイプの人は綿棒を使ってケアする

・皮膚を撫でるように優しく掃除する

・耳かきや綿棒を奥まで入れると耳垢を逆に押し込める可能性が高いので注意が必要

 

 

上記のように正しい耳掃除を行っていれば、皮膚を傷付けることなく綺麗な状態を維持できます。

 

耳垢は不要な存在というわけではなく、鼓膜を守る役割を果たしているので無理に除去する必要はなく、1ヶ月に1回程度のペースで掃除すれば十分なのです。

 

耳垢が溜まりやすいという体質の方でも、どんなに多くても1ヶ月に2回程度に留めて無駄な刺激を加えないように注意してください。

 

 


「耳鳴りの予防方法」についてのページ