即効性のある耳鳴りの対策法は?

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

即効性のある耳鳴りの対策法はある?

即効性のある耳鳴りの対策法はある?

「キーン」や「ジー」、「ピー」など耳鳴りの症状には個人差がありますが、どれも気になってストレスが溜まりやすくなります。

 

耳鳴りが原因でイライラする人も多く、「即効性のある治し方や対策方法が知りたい」と考えるのは不思議ではありません。

 

しかし、耳鳴り自体を完治させるような特効薬は存在せず、どんな方法でも症状を改善するまでには長い期間がかかるのです。

 

・1日や2日で治るような即効性のある方法はない

・身体の内側から体質改善を図るには長い時間がかかる

・耳鳴りは焦らずにゆっくりと対処するのが基本

 

このような特徴があり、焦って内服薬を飲み続けたところで根本的な改善には至りません。

 

つまり、耳鳴りの対策は即効性を求めるのではなく、自分の症状に適した方法を探して長期間に渡って取り組むのが秘訣です。

 

どんな対策や予防をすれば良いのか分からない人のために、以下ではおすすめの方法をご紹介しているので参考にしてみてください。


サプリメントの美聴泉(びちょうせん)を飲む

近年では耳鳴りを身体の内側から緩和するために、様々な種類やタイプのサプリメントが登場しました。

 

「健康食品の割には即効性がありますよ」と利用者から評判を得ている製品も多く、人気のサプリメントを幾つか見ていきましょう。

 

・栄養価がパーフェクトだと言われている蜂の子を主原料とする「花菜の厳選蜂の子」

・蜂の子のパワーを引き出すローヤルゼリーやビタミンが豊富な「蜂の子パワーミンミントール」

・身体の巡りに着目し、耳鳴りや偏頭痛の改善に繋がる「イチョウ葉(サントリー)」

・耳鳴りをサポートする黒ニンニクと黒酢が含まれた「黒にんにくと黒酢」

・拘りの国産魚油を使って独自の技術で栄養素を抽出した「DHA&EPA+セサミンEX」

・1ヶ月間の愛飲者が1,800人を突破している「耳鳴り・めまいに効く漢方薬」

 

薬局やドラッグストアでは取り扱っていない製品もありますが、インターネット通販であればオンライン上で注文して自宅へと届けられてから直ぐに対策を始められます。

 

数多くのサプリメントの中でも耳鳴りや難聴など、聞こえに関するトラブルに焦点を当てて開発されたのが美聴泉(びちょうせん)です。

 

厳選された植物成分が美聴泉(びちょうせん)の中には含まれており、「20年間の悩みがスッキリしました」という口コミもありました。

 

定期コースであれば1ヵ月分が10,800円と10%安くなりますし、現在では酵素青汁がプレゼントされるキャンペーンが行われているので一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


耳鳴りに効き目のあるツボを刺激する

サプリメントや食事で身体の内側から対策するとともに、耳鳴りに効き目のあるツボを刺激すればそれなりの即効性が期待できます。

 

ツボ刺激の発祥はアメリカで、古くからリフレクソロジー(反射療法)が行われていました。

 

病気の治療効果はなくても、血流をアップさせたり体内の巡りを良くしたりしてくれるので一度試してみましょう。

 

・耳の穴付近で口をあけた際に凹む「聴宮(ちょうきゅう)」

・両手の甲に位置している「中渚(ちゅうしょ)」

・脚の内側のくるぶし付近に位置している「太谿(たいけい)」

・耳たぶの付け根の窪み部分に位置している「翳風(えいふう)」

・耳の後ろの骨が膨らんだ部分の「風池(ふうち)」

 

これらのツボを痛気持ち良い程度の力を使ってグイグイと押し込んでいきます。

 

整体院に行かなくても自宅で簡単に刺激できますし、入浴時などリラックスしている時に行うのが効果的です。


ストレッチやエクササイズへと取り組む

ツボ刺激ではなく、ストレッチやエクササイズへと取り組むのも耳鳴りの対策として適しています。

 

どんな方法で行えば良いのか以下では幾つか挙げてみました。

 

・深呼吸をして心を落ち着けた後に首をゆっくりと左右に傾ける

・首筋辺りを丁寧に揉み込んで解してあげる

・耳鳴りが酷い耳の穴に小指を入れ、首を左右どちらかに捻る

 

上記の方法で耳周囲の筋肉の緊張が緩和し、自律神経の乱れも同時に改善して症状がおさまっていきます。

 

中でも、長時間に渡ってデスクワークを行っている人は筋肉が凝りやすいので、血行を良くする目的でストレッチやエクササイズへと取り組んでみてください。

 

 


「耳鳴りの予防方法」についてのページ