耳鳴りとガム

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りとガムについて

口をクチャクチャと鳴らしてガムを噛むのは、高齢者の方ほど行儀が悪いと感じるかもしれませんが、実はガムを噛むことによって耳鳴りの改善に繋がるということをご存知ですか。

 

実際に、1日に8枚のガムを2週間に渡って耳鳴りで悩む患者さんに噛んでもらったところ、約7割以上の方が耳鳴りを改善できたというデータがあります。

 

科学的にガムが耳鳴りに及ぼす効果について解明されたわけではないものの、ガムを噛めば耳周辺の筋肉が鍛えられるため、内耳の血行が良くなって耳鳴りが気にならなくなったのではと考えられているのです。

 

それに、ガムを噛むことによる刺激が脳に伝わり、働きが活性化して認知症の予防にも繋がると言われているので、ガムが身体の不調と大きく関わっていることがお分かり頂けるでしょう。

 

更に、ガムを噛むと自然と唾液が分泌され、その唾液を飲み込むことで鼓膜への刺激となり、耳鳴りといった聞こえのトラブルを改善してくれます。

 

このようにガムを噛む行為によって脳が刺激され、身体全体のバランスを整えるという役目を果たしてくれるため、予防法の一つとしてガムを噛み続けるというのは良いかもしれません。

 

もちろん、糖分がたっぷりと入ったガムをたくさん噛むのは良くありませんし、虫歯の発生にも繋がるため、適度な量で耳鳴りの予防を行い、ゆっくりと口と顎を動かして改善していくべきです。

 

ただし、自分の歯がないという高齢者の方は、ガムを噛めないかもしれないので、そのような方にはこのサイトでご紹介している美聴泉の使用をおすすめします。

 

美聴泉はカプセルタイプのサプリメントとなっており、噛むのではなく水で飲み込むだけで良いので、高齢者の方は一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ガムを使った耳鳴りの予防は、自動車の運転中や家の掃除中、外出中などいつでも場所を選ばずに試せるというところが優れております。

 

コンビニやスーパーでガムを簡単に購入できますし、最近では虫歯予防が期待できるキシリトール入りのガムが多いので、耳鳴り以外の別の効果も期待できるというわけです。

 

営業の仕事中はガムを噛むことはできないかもしれませんが、デスクワークであれば場合によっては可能ですし、中耳の鼓室や喉を繋いでいる管状器官の機能を高めてくれるため、耳鳴りや難聴の改善に繋がります。

 

ガムを噛むだけで絶対に耳鳴りが治るというわけではなく、これは予防法の一つとなっており、その他にも「ストレスを解消する」「摂取する食べ物に気を配る」という対処を行うことで、少しずつ耳鳴りが気にならなくなっていくでしょう。

 

 


「耳鳴りの予防方法」についてのページ