キシロカインによる耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

キシロカインによる耳鳴りの治療について

耳鳴りの症状を抑制する治療の一つとして、キシロカインの注入が挙げられ、医療機関で実施されている薬物治療となっております。

 

薬の名前には一般名と商品名が存在し、キシロカインは商品名でリドカインは一般名なので、キシロカインの注入はリドカイン療法と呼ばれることもあるのです。

 

どちらにしても、耳の中に薬剤を直接注入する耳鳴りの治療法の一つで、麻酔薬の一種を用いることにより、症状が少しずつ緩和されていきます。

 

医療機関によって異なりますが、1週間に1回のペースで合計10回の注射を行い、年齢が高くなって生じる耳鳴りへの有効率が高いという特徴があるのです。

 

また、キシロカインを注入する方法にも違いが生じており、即効性があり効果があまり持続しない静脈注射と、投与に長い時間が掛かるものの効果の持続期間が長い点滴の2種類の方法が用いられております。

 

これは素人が判断できるものではありませんし、どちらの方法が適しているのか医師の診断によって異なるので、専門医の説明を受けてそれに従った方が良いでしょう。

 

絶対に耳鳴りがおさまるという治療法ではありませんが、数ある治療法の中でも薬物を使った方法が一番効き目があると言われているので、試す価値は大いにあります。

 

ただし、外科的な手術ではないものの、リスクを伴う耳鳴りの治療だということには間違いないので、処置を施してもらう病院をきちんと探さなければなりません。

 

キシロカインの身体へリスクが怖いのであれば、病院で治療を施すのではなく、このサイトでご紹介している美聴泉の使用がおすすめです。

 

薬物治療とは大きく異なり、サプリメントで身体の内側から変化させていくため、即効性がないというデメリットがありますが、安全に耳鳴りの症状を和らげることができるので、美聴泉を購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、事前に医師から説明があると思われますが、耳鳴りの治療としてキシロカインを服用する場合、「頭がボーっとする」「回転性のめまいが生じる」「唇がしびれる」といった副作用が表れる可能性があります。

 

このような副作用は数分で消失するため、そこまで心配する必要はないものの、長期的に不快な症状が続くのであれば、念のために医師に相談するべきです。

 

とは言え、薬物治療で不快な症状が表れるというのは、キシロカインに限った話ではなく、他の治療にも同じように言えるため仕方がありません。

 

だからと言って、何の知識もなしに医師に任せていると、大きなトラブルが生じるかもしれないので、なるべくどのような耳鳴りの治療を行っていくのか自分でも把握しておくべきです。