点滴による耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

点滴による耳鳴りの治療について

耳鳴りは、「これを飲めば絶対に治る」という特効薬はないのですが、医療機関では点滴によって治療が行われる場合があります。

 

薬物治療によって内服が困難であれば、注射や点滴によって体内に薬剤を入れ、耳鳴りの症状を少しずつ抑えていくというわけです。

 

点滴と種類としては、医療機関や医師の判断によって異なるものの、リドカインと呼ばれる麻酔薬が使われる場合があり、薬剤の力を利用して耳鳴りを抑えていきます。

 

リドカインを点滴で投与する場合は、時間が掛かるものの効果が持続しやすいという特徴があり、静脈注射は即効性があるものの、効果の持続期間が短いという特徴があるのです。

 

どちらの方法で耳鳴りを治療していくにしても、専門医の診察を受けて処置を施していくこととなり、どのような効能が期待できるのかきちんと説明を受けておいた方が良いでしょう。

 

また、加齢や生理的に引き起こされている耳鳴りではなく、突発性難聴と診断された場合は、身体的・精神的な理由を除いてステロイド剤を内服したり点滴したりします。

 

突発性難聴とは、ある日突然片方の耳が聞こえなくなっていたり、耳の中に何かが詰まっているように感じる病気のことを指し、耳鳴りやめまいといった症状を伴うことがあるのです。

 

決してステロイド剤が突発性難聴に効き目があるというわけではないものの、その他に有効な治療法がないということで、この薬を点滴で打って治療を施していきます。

 

ステロイド剤は、抗炎症作用や抗アレルギー作用を持ち合わせており、耳鳴りの治療だけではなく、ニキビの症状を抑えるために治療としても使われているのです。

 

ただし、ステロイド剤の内服や点滴に関しては、医療機関や医師によって見解がわかれており、副作用が強いということで患者さんに大きなリスクが加わるという意見があります。

 

それに、「早期にステロイド剤を使った方が良い」「1週間程度経過してから使うべき」というように、決まった服用法がないため、病院選びや医師選びには十分に注意した方が良いかもしれません。

 

もちろん、ステロイド剤を点滴で打って耳鳴りが治ったという方はいらっしゃいますが、積極的に行えば良いというわけではないので、まずは医師に相談してみるべきです。

 

もし、突発性難聴を患っているのであれば、病院で正しい治療を行わなければならないものの、病気が原因でないのならば、美聴泉を使えば症状を和らげることができます。

 

この健康食品の中には、耳鳴りの症状を和らげられる成分が含まれているので、毎日の生活に美聴泉を取り入れてみてください。