ステロイドによる耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

ステロイドによる耳鳴りの治療について

耳鳴りの早期治療として、ステロイド剤を投与するという方法があり、医療機関で実施されます。

 

耳鳴りが引き起こされたら全ての患者さんにステロイド剤を投与するというわけではなく、医師が症状をチェックして薬剤を使うべきと判断したら、注射器を使って内耳へと直接投与していくのです。

 

ステロイドとは副腎皮質ホルモンのことを指し、耳鳴りの治療以外にもニキビの治療にも用いられており、炎症を鎮めたり過剰に反応した免疫を抑制する特効薬として使われております。

 

実際に、早急な処置としてステロイド剤を使った治療を行われているところは多く、1回の注射が終わってから、その後に1週間から2週間というサイクルで4回程度の注入を繰り返していくのです。

 

医師の判断によって注射の回数は大きく異なりますが、ステロイド剤の注入によって耳鳴りの症状が改善されたという方は多いでしょう。

 

しかし、医療現場ではこの治療を行って耳鳴りの症状が治まらなければ、「諦めるしかない」「もう一生治らない」と患者さんを絶望させるような宣告をする医師がいるのは確かです。

 

それに、ステロイド剤には大きな副作用があり、耳鳴りで日常生活に支障が出る症状を改善しようと試みたのにも関わらず、逆に大きな負担を背負わせて他の機能に障害が引き起こされたというケースは十分にあります。

 

入院治療で医師の管理下の元で行っているので、死に至ったり耳が聞こえなくなったりということはないものの、ある程度のリスクは背負わなければなりません。

 

薬物治療を過信しすぎるのは良くないことなので、安全に耳鳴りを治療していきたいのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉の使用が最適です。

 

美聴泉はサプリメントなので副作用は一切引き起こされませんし、身体の内側から徐々に改善してくれるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、もしステロイド剤で耳鳴りの治療を行い、症状が改善されなかったとしても、諦める必要は全くありません。

 

医師には治らないと言われたとしても、ステロイド剤は炎症を鎮めるのが大きな効能であり、この薬で効き目がなかったということは、炎症や免疫系に原因があったわけではないと考えられます。

 

突然不快な音が生じる耳鳴りや、ふら付きを覚えるようなめまいは過度のストレスによって生じると言われており、日常生活に大きな原因が隠れているというわけです。

 

もちろん、全ての方がストレスで生じているというわけではないものの、薬物治療で治らないのであれば、睡眠不足や疲れによってストレスが溜まりすぎていると考えるのが妥当でしょう。

 

ストレスを感じるのは人間なので仕方ありませんが、上手く発散できていないと肩がパンパンに張り、耳の神経が切れるという説もあります。

 

他にも、めまいや頭痛といったように、ストレスは健康を阻害する引き金となり得るので、毎日の生活で溜め込まないように注意してください。