耳鳴りで生じる音

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りで生じる音について

耳鳴りで生じる音には個人差があり、様々な音が聞こえるという特徴があります。

 

実際には発生していない音を頭の中で認識してしまう自覚的耳鳴りにしろ、自分の血液の流れる音が聞こえる他覚的耳鳴りにしろ、音の種類は一つではないというわけです。

 

誰にでも引き起こされる可能性がある老人性難聴の場合、「キーン」や「カーン」といった高音が多く、加齢とともに聴覚の機能が衰えることによって引き起こされます。

 

聴力が低下することで、今までは聞き取ることのできなかった周波数の音が聞こえるようになり、それが耳鳴りとして表れているのです。

 

老人性難聴だけではなく、突発性難聴や自律神経失調症といった病気で引き起こされる耳鳴りも、高音を感じることが多くなっております。

 

逆に、「ゴロゴロ」や「ボー」という低音の耳鳴りが生じているという方は、回転性のめまいを伴うメニエール病が大きな原因で、人によっては耳閉感を伴うことがあるかもしれません。

 

メニエール病は未だにはっきりと解明されていない病気ですが、進行すると治療が難しくなるため、早めに病院を受診して処置を施さなければならないのです。

 

以上のように、耳鳴りによって生じる音には幾つかの種類があり、その音で原因をある程度把握できます。

 

自覚的耳鳴りの場合、医師が聴診器を当ててもどのような音か分からないため、病院を受診した際は専門医にどのような音が鳴り響いているのか詳しく説明しなければならないのです。

 

とは言え、必ずしも病院で専門的な治療を受けなくても、このサイトでご紹介している美聴泉を使えば、症状を和らげることが可能となっております。

 

サプリメントを摂取することで少しずつ耳鳴りが気にならなくなるはずなので、自宅での治療として美聴泉を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明した症状以外にも、「ブーン」という重低音や「ゴー」というジェット音、「ガンガン」という拍動生の音や「ピロピロ」という異次元音など、ありとあらゆる音が聞こえる可能性があります。

 

一概には言えませんが、片方の耳だけに聞こえる耳鳴りや、音の大きさが変わる拍動性のタイプは、重症化しているかもしれないので十分に注意しなければなりません。

 

それは、拍動性の耳鳴りは、ストレスや疲れではなく、動脈閉鎖や腫瘍といった血管の異常によって引き起こされている危険性があるからです。

 

重大な病気が隠れているケースは決して少なくなく、耳鳴りがそのような病気を示すシグナルの役割を果たしているかもしれないので、そのサインを逃さないようにしましょう。

 

 


「その他」についてのページ