他覚的な耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

他覚的な耳鳴りについて

自分にしか聞こえない自覚的な耳鳴りとは異なり、他人でも聞くことのできる場合は、他覚的な耳鳴りに分類されます。

 

耳鳴りで悩んでいる人に聴診器を当ててみたり、チューブで繋いだりすると当人が感じている音と同じ音を実感できるため、他覚的な耳鳴りと呼ばれているのです。

 

一般的に血液の流れる音が「ザーザー」と聞こえたり、心臓の脈拍音が「ドクドク」と感じられ、場合によっては筋肉が緊張したり痙攣したりすることにより、他覚的な耳鳴りが生じます。

 

もし、「ガサガサ」という音が聞こえたのであれば、外耳道に耳垢といったゴミが詰まっており、それが鼓膜を刺激していることで引き起こされているのかもしれません。

 

また、食べ物や飲み物を摂取した際に、「ピチャピチャ」という音が聞こえるのであれば、空気の通り道である耳管の開口部分が盛り上がり、周りの粘膜に接することで音が発生しているのです。

 

どのような他覚的な耳鳴りだとしても、聴診器を当てたり耳の中にセンサーを入れることで医師もその音を聞き取れるので、原因を特定しやすくなっております。

 

治療方針が明確になれば、それだけ適切な対処を施せるということになるので、他覚的な耳鳴りは完治しやすいと言えるでしょう。

 

中には、病気が原因となって引き起こされているパターンもあるものの、このサイトでご紹介している美聴泉であれば、他覚的な耳鳴りでも症状を和らげることが可能となっております。

 

誰でも気軽に摂取できるタイプのサプリメントなので、耳鳴りに悩まされているという方は、一度美聴泉を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、一概に説明できないものの、他覚的な耳鳴りは耳自体に何かしらの異常があるというよりも、他の部分の異常によって生じているケースが多くなっております。

 

「耳周辺の筋肉や血管の異常」「骨格に生じる腫瘍やむくみ」「高血圧や関節炎」が他覚的な耳鳴りの大きな原因で、これらによって普段は聞こえるはずのない筋肉や血管の音が聞こえてしまうのです。

 

聴覚神経を始めとする「聞く」という器官には特に異常がないので、他覚的な耳鳴りを放置する方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、それ以外の場所に重篤な障害が引き起こされている可能性は否定できないですし、その病気を素人では判断することができないため、生理的な耳鳴りではないと感じたのであれば、早めに医療機関を受診した方が良いのです。

 

それに、耳鳴りが止まないということで精神的なストレスが溜まりますし、そのストレスが症状を更に増幅させているかもしれないので、十分に注意してください。

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ