生理的な耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

生理的な耳鳴りについて

周囲に音のしないところに足を運んだり、夜に部屋の中で静かにしていると、「シーン」という耳鳴りが聞こえることがありますが、これは生理的な耳鳴りに分類されます。

 

生理的な耳鳴りは聴覚の異常や、身体に引き起こされている病気によって生じているというわけではないので、特に心配する必要はありません。

 

「耳鳴りが聞こえたから異常がある」と考えている方は少なからずいらっしゃいますが、誰にでも引き起こされる可能性があるのが生理的な耳鳴りなのです。

 

実際は音が鳴っていないのにも関わらず、耳の奥の器官に何かしらの変化があったことが原因で、不快な耳鳴りが生じます。

 

特に、無音状態になると鼓膜が緊張し、その影響で生理的な耳鳴りが引き起こされると考えられており、他の場所に移動すれば全く気にならなくなるはずなので、対処の必要はないということがお分かり頂けるはずです。

 

例えば、夜寝る直前までテレビを見ていたり、誰かと喋っていたりした後に、急に静かな部屋の中に入ると今まであった耳への刺激が急になくなるため、自然と生理的な耳鳴りが生じます。

 

もちろん、耳への刺激は個人によって大きな差が生じておりますし、体質による影響が強い部分なので、全く気になったことがないという方はいらっしゃるでしょう。

 

身体に全く異常がない生理的な耳鳴りでも、気になって眠れないかもしれないので、そのような症状を和らげるために美聴泉の使用をおすすめします。

 

美聴泉は耳鳴りを和らげることができる素晴らしいサプリメントとなっており、危険な成分は一切含まれていないので、興味がある方は一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明した生理的な耳鳴りは、至って健康な方でも静かな場所に入った際に引き起こされる可能性があるので特に問題はないと説明できます。

 

しかし、中には「キーン」という金属音のような耳鳴りが生じる場合があり、この音が断続的に聞こえるのであれば、聴覚に何かしらの異常があるかもしれないのです。

 

耳に原因があるというだけではなく、脳に何らかの問題が起きており、その症状の一環として耳鳴りが頭の中で響いているという可能性も十分にあります。

 

耳鳴りが気になって病院を受診してみたところ、脳梗塞が見つかったという患者さんはいらっしゃるので、少しでも不安があるのならば病院で検査を受けてみた方が良いかもしれません。

 

耳鳴りを引き起こす病気は、外耳道炎・中耳炎・鼓膜炎・聴神経腫瘍・脳幹梗塞・脳出血というように限りがなく、耳鳴りだけではどの病気に悩まされているのか素人では判断できないのです。

 

しかし、専門医であれば耳鳴り以外の症状と合わせて、自分の身体に引き起こされている病気を特定してくれるはずなので、信頼できる病院を探してみましょう。

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ