後遺症による耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

後遺症による耳鳴りについて

ある日突然聴力の低下が起こる突発性難聴を発症する方は多く、難病指定されている病気の一つで、完治する可能性が低い病気だと言われております。

 

若者の中にも、この突発性難聴を発症する方がいらっしゃいますが、早めに治療を行わなければ、後遺症として難聴や耳鳴りが引き起こされてしまうのです。

 

個人によって後遺症の度合いは異なりますし、絶対に耳鳴りが引き起こされるというわけではないものの、治療が遅れれば遅れるほどそのリスクは増します。

 

症状が軽い場合は突発性難聴でも自然と治る可能性はありますが、発症してから1ヶ月程度で症状が固定し、元の聴力に戻らないという特徴があるので、耳鳴りや難聴が後遺症として残るわけです。

 

「急に耳閉感を感じて片方の耳に耳鳴りがする」「人が話す声が聞き取りにくくなった」「テレビの音量を上げなければ聞こえない」という症状の方は、もしかしたら突発性難聴かもしれません。

 

突発性難聴を発症した方の約3分の1は後遺症が残ると言われておりますし、日常生活に支障のない程度の聴力が戻ったとしても、耳に違和感が生じる場合は十分にあります。

 

だからと言って治療をせずに放置していても治るような病気ではないので、突発性難聴の疑いが少しでもあるのならば、早めに病院で治療を施してもらった方が良いというわけです。

 

自分ではどのような対処をしても治すことができないため、突発性難聴を治療するには専門医の診断が必要で、問診とともに聴力検査を行っていきます。

 

めまいを伴う場合は平衡機能検査、そしてMRIによる画像診断も行い、突発性難聴と診断された場合は1週間から10日ほどかけて点滴治療が実施されるのです。

 

後遺症として耳鳴りが残ってしまうとしても、早期治療を心掛けていれば症状が軽くなるかもしれないですし、完全に片方の耳が聞こえなくなるリスクもあるので、少しでも早く処置を施した方が良いでしょう。

 

また、僅かな音が耳に届いただけでも急激に耳の中で響いてしまうリクルートメント現象も、突発性難聴によって引き起こされる後遺症の一つで、聞こえにくい耳の状態がこのような現象をもたらしているのではないかと考えられております。

 

どのような後遺症が残るとしても、一度治れば再発することはないので、面倒だと思わずに医師の指示に従って処置を施すのがベストです。

 

もし、耳鳴りの症状だけを和らげたいと考えているのならば、このサイトでご紹介している美聴泉が適しております。

 

美聴泉はサプリメントなので、突発性難聴を治すことはできないものの、有効な成分によって耳鳴りを感じにくくさせられるので、症状が悪化する前に使用してみてください。

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ