自覚的な耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

自覚的な耳鳴りについて

本来であれば聞こえるはずのない音が聞こえる病気のことを、自覚的耳鳴りと呼び、耳鳴りの症状に悩まされる多くの方は、このケースに分類されます。

 

耳鳴りを感じている本人は、「キーン」や「ジーン」という音を感知できるのに、他者からは全く聞き取ることができないという特徴があるのです。

 

「こんなにうるさいのだから、音を鳴らしている元凶があるはず」と多くの方は思うかもしれませんが、実際は音源がないのにも関わらず聞こえているのが自覚的な耳鳴りで、神経の誤信号によって引き起こされております。

 

しかし、夜静かな部屋で何も物音がしないと、「シーン」という音が聞こえてくることがありますが、これは健康な生理反応の一つなので、自覚的な耳鳴りであっても気にする必要は全くありません。

 

身体に特別な異常があるというわけではないですし、気が付いたら止んでいたというケースがほとんどなので、病院で専門的な処置を施さなくても良いというわけです。

 

とは言え、私たちの身体は、空気の振動が耳の奥に位置している聴細胞に伝わると、ある信号に変わって脳に伝えられ、音が聞こえたと認識するようになります。

 

この聴細胞に何かしらの異常が引き起こされていると、空気が振動していないのにも関わらず、信号を送り続けた状態となってしまうため、自覚的な耳鳴りが聞こえるようになってしまうのです。

 

内耳や神経系の異常によって誤った情報が脳に伝わっており、これによって生じるのは病的な耳鳴りに分類されるため、頻発するようであれば早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

 

このような病的な耳鳴りは、他にもめまいや難聴を伴っているケースが多く、別の病気と合併して引き起こされるかもしれないので、その病気を悪化させないためにも、早めに処置を施さなければならないのです。

 

合併症を引き起こす病気の例として、突発性難聴やメニエール病が挙げられ、自然に治るということはほとんどないので、専門的な治療を施して少しずつ治していく必要があります。

 

場合によっては、自覚的な耳鳴りが脳疾患と深く関係しているかもしれないので、自分の判断で決めない方が良いというわけです。

 

もし、病気によって自覚的な耳鳴りが引き起こされているのであれば、その根本的な原因を取り除かなければならないものの、生理現象の一つであれば、このサイトでご紹介している美聴泉で和らげることができます。

 

必ずしも大きな効果が期待できるというわけではないものの、サプリメントの摂取によって酷かった雑音が気にならなくなったという方は多くいらっしゃるので、是非美聴泉を飲んでみてください。

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ