長時間の耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

長時間の耳鳴りについて

耳の中で不快な音が鳴るような症状が頻発したり、長時間に渡って耳鳴りが引き起こされているような場合は、一度耳鼻科を訪れてみた方が良いかもしれません。

 

耳の病気ではなく、脳に何かしらの異常があって耳鳴りが生じている可能性も否めないので、耳鼻科ではなく脳神経外科で治療を施さなければならない場合もあります。

 

どちらにしても、長時間に渡って耳鳴りが引き起こされている状態は、決して正常だとは言えないですし、健康な方はこのような症状に悩まされないのが普通です。

 

放置していて自然に治ることはあるかもしれませんが、仮に突発性難聴が原因だった場合は取り返しのつかない事態になります。

 

突発性難聴は近年流行している耳の病気で、ある日突然片方の耳が聞こえにくくなり、早めに治療を始めなければ聴力が固定されて元に戻らないこともあるのです。

 

長時間の耳鳴りが引き起こされたからといって、必ずしも突発性難聴を患っているとは限らないものの、耳が聞こえにくくなっているのであれば、この病気を疑った方が良いでしょう。

 

発症してから1週間後に元に戻るかどうかが分岐のラインで、発症しているのにも関わらず1ヶ月以上放置すると耳が聞こえなくなったまま固定されてしまうのです。

 

「もっと早くお医者さんに診てもらえば良かった」と嘆いている方は少なくないので、長時間の耳鳴りが引き起こされた時点で何かしらの病気を疑った方が良いと言えます。

 

しかし、病気が原因ではなく生理的に耳鳴りが引き起こされている場合があり、そのような症状の方はこのサイトでご紹介している美聴泉を使うことによって大分緩和されるはずです。

 

目の前がグルグルと回るようなめまいにも効き目のあるサプリメントなので、症状の悪化を防ぐためにも美聴泉を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りは生理的に生じる可能性も十分にあるため、医師が診察をしても原因を突き止められないことがあります。

 

絶対に引き起こされないと断定できる方はいらっしゃらないものの、普段からイヤホンやヘッドフォンを装着して大音量で長時間音楽を聞いているという方は、耳鳴りに悩まされやすいのです。

 

基本的に高齢者の方ほど耳鳴りが引き起こされやすいという特徴があるものの、近年になって若年層で発症していることが多く、その原因は長時間の音楽だと説明できます。

 

大音量で長時間に渡って音楽を聞くということは、強い音圧と振動を耳は受ける形となり、その影響で聴覚器が傷付いて耳鳴りが引き起こされてしまうのです。

 

イヤホンをして音楽を聞いてはいけないというわけではありませんが、周囲に音が漏れるほど大音量で聞くのは耳にとっても大きな負担となるので、十分に注意しましょう。

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ