耳鳴りの種類

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りの種類について

「キーン」「キーキー」「ゴーゴー」「ザーザー」というように、耳鳴りによって聞こえる音には違いが生じており、個人差があります。

 

実は耳鳴りによって聞こえる音が異なるというわけではなく、引き起こされる耳鳴りの種類にも違いが生じているのです。

 

そこで、このページではどのような耳鳴りの種類があるのか詳しく説明しているので、自分がどのような症状に該当するのかチェックしてみてください。


生理的な耳鳴り

耳鳴りが発生する仕組みについては完全に解明されていないものの、防音室などに入った際にシーンと聞こえるのは、生理的な耳鳴りに分類されます。

 

これは身体に何かしらの異常があるというわけではなく、至って健康な方でも引き起こされることがあるので、特に心配する必要はないのです。

 

また、静かな場所で過ごしている時だけではなく、飛行機に乗ったりエレベーターで高い場所に昇った際に、耳鳴りが生じることがあります。

 

どのようなケースにしても、人間であれば自然と引き起こされるような現象ですし、特に専門的な耳鳴りの治療を施さなくても良いのです。


自覚的な耳鳴り

自覚的な耳鳴りは、当人しか聞こえないような音が頭の中で鳴り響く症状を指し、最も耳鳴り治療が厄介だと言われております。

 

私たちの脳は無意識のうちに周囲の音を聞き流すという仕組みになっているため、中には耳鳴りが気にならないという方がいらっしゃいますが、慢性的に引き起こされると日常生活に支障を来たすこともあるのです。

 

自覚的な耳鳴りは、「キーン」や「ジー」というように人によって聞こえる音に違いが生じており、幾つかの音が重なっている場合もあります。

 

どちらにしても、内耳や聴神経の異常によって生じているかもしれないので、早めに病院へ行って専門医に症状を診てもらうべきです。


他覚的な耳鳴り

他覚的な耳鳴りは、自分の頭の中で響いているだけではなく、聴診器を当てることによって他人も聞き取ることのできる耳鳴りです。

 

主に、「顎関節の音」「血液が流れる音」「中耳が痙攣した際の音」「脈拍の音」が他覚的な耳鳴りとして聞こえる場合があります。

 

この種類の耳鳴りは、高血圧や耳周囲の血管異常、顎関節の腫れといった病気が引き金となっているケースが多く、根本的な原因を排除できれば、自然と耳鳴りはおさまっていくでしょう。

 

 

 

上記のような種類の耳鳴りが挙げられますが、どのような症状だとしても常に鳴り響いていると辛いはずなので、このサイトでご紹介している美聴泉がおすすめです。

 

根本的な原因が病気でなければ、美聴泉を摂取することで少しずつ和らいでいくはずなので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの種類」についてのページ