倦怠感を伴う耳鳴り・めまい

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

倦怠感を伴う耳鳴り・めまいについて

倦怠感とは身体がダルくなったり、物事に飽きて嫌になる状態を指し、心身ともに疲れが溜まるという特徴があります。

 

精神的にストレスを感じることは誰にでもあるので、倦怠感だけでは何かの病気に掛かっているとは言い切れないものの、同時に耳鳴りやめまいが引き起こされているのであれば、注意が必要です。

 

もし、身体のどこにも異常がないのであれば、自律神経失調症の可能性が高く、耳鳴りや倦怠感、めまいが治らないということで病院を受診すると、この病気の検査が行われます。

 

自律神経失調症は他の症状も伴うことが多く、活動時に働く自律神経と、リラックスしている状態で働く自律神経のバランスが崩れることで引き起こされるのです。

 

私たちが普段、何事もなく普通に暮らせているのは、自律神経が無意識のうちに働いてくれているからだと説明できるでしょう。

 

もちろん、病院で専門医に調べてもらわなければ、自律神経失調症かどうか分からないものの、過剰なストレスが加わっていたり、心身が休まらない状態が続いているという自覚がある方は、この病気を疑った方が良いわけです。

 

自分自身の力で何とかしようと試みても、自律神経失調症が治るとは限りませんし、うつ病へと発展して倦怠感だけではなく、自殺願望を抱くかもしれないので、早めに総合病院で診てもらった方が良いかもしれません。

 

耳鳴りやめまいだけであれば、このサイトでご紹介している美聴泉で改善が可能で、サプリメントを摂取することによって症状を和らげてくれます。

 

しかし、倦怠感も伴っているのであれば、精神的なストレスによる影響も強いはずなので、一度病院で症状を診てもらってください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りやめまいが主症状で、その他に倦怠感を伴う自律神経失調症に悩まされているのであれば、薬物治療を行っていきます。

 

市販で販売されているような薬で治すことはできないものの、医師から処方された自律神経調整薬や抗不安薬を使い、症状の対策を行っていくというわけです。

 

自律神経失調症が完全に治らないとしても、倦怠感を伴う耳鳴りやめまいといった症状の緩和はできるはずなので、まずは薬で症状を抑え、その後に原因を調べるという仕組みになっております。

 

また、貧血でも倦怠感を伴った耳鳴りやめまいといった症状が引き起こされることが多く、予防のためには食生活に十分に注意しなければなりません。

 

巨赤芽球貧血や溶血性貧血、鉄欠乏性貧血など色々な種類があるのですが、基本的には鉄分不足によって生じます。

 

そのため、毎日の食事でレバーや豆みそなど鉄分の多い食べ物を摂取するとともに、主食・主菜・副菜をきちんと組み合わせて、バランスの良い食生活を常に心掛けるべきです。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う症状」についてのページ