食事による耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

食事による耳鳴りの治療について

食事

「食事で耳鳴りの治療はできない」と考えている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

耳鳴りだけではなく、病気や体調全般に言えることですが、全ては摂取する栄養素によって決まっており、食事から十分な栄養素を摂取できていない日々が続いていると、身体の機能が低下します。

 

身体の機能の低下は、耳にも何かしらの悪影響が引き起こされると仮定できるため、耳鳴りも生じやすくなるのではないかと考えられているのです。

 

食事によって耳鳴りを治療する場合、直ぐに変化が表れないという特徴があるものの、毎日摂取する栄養素は身体の働きを支えている重要な存在なので、普段の食生活を見直すのは大事だと言えます。

 

現代人の多くは好きな物を好きなだけ食べていることが多く、栄養のバランスを考えて食事をしている方はほんの一握りです。

 

普段何気なく口にしている食べ物が偏っていると、耳を始めとする器官に悪影響が加わり、耳鳴りが生じているかもしれないので、治療の一環として食事内容を考慮した方が良いでしょう。

 

耳鳴りの治療として適した食事として、黒豆やゴマが挙げられます。

 

黒豆は血管を広げて血流を良くしてくれるリノール酸や、脂肪の吸収を抑えるシアニジンが配合されており、ゴマには老化を防止するためのセサミンと呼ばれる成分がたっぷりと含まれているのです。

 

老化によって耳の機能が低下し、耳鳴りが引き起こされやすくなるという現象は決して不思議ではないため、アンチエイジング効果の高いゴマは、積極的に摂取していきたい食事の一つとなっております。

 

他にも、音の伝達に欠かせない栄養素がビタミン12で、神経線維を守る物質を作っているため、この栄養分が不足することによって内耳の機能が低下し、耳鳴りといった不快な症状が表れやすくなるのです。

 

もちろん、ビタミン類はビタミン12だけを摂取すれば良いというわけではなく、他の種類も平均的に取り入れた方が相乗効果によって吸収率がアップするので、普段の食事で不足している方は、耳鳴りの治療のためにサプリメントを頼った方が良いかもしれません。

 

以上のような食事を摂取するように心掛けていれば、耳鳴りの治療に役立つかもしれませんが、逆にバターやマーガリンといった油脂類を多く食べていると、血流が悪くなって耳鳴りの症状が悪化する可能性があります。

 

血液の流れが悪くなれば、脳や器官に十分な血液が行き渡らなくなり、それが耳鳴りの原因になっているかもしれないので、注意しなければならないのです。

 

以上のように、食事で耳鳴りの治療を行うのは十分にできますが、症状の改善までに長い時間が掛かるかもしれないので、同時に美聴泉の摂取をおすすめします。

 

美聴泉の中には、普段の食事で補えないような耳鳴りに効く成分が配合されているため、症状の緩和に役立つことは間違いないでしょう。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら