耳鳴りに効く成分

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りに効く成分について

耳鳴りは身体に引き起こされる症状の一つで、生理現象として表れることも多いものの、耳の異常や精神的な病気など、ありとあらゆる原因で引き起こされるという特徴があります。

 

そこで、普段の生活で耳鳴りを予防するためにも、症状に効く成分を摂取していく必要があるのです。

 

このページでは、耳鳴りに効き目のある成分について詳しく説明しているので、症状に悩まされている方は一度試してみてください。


イチョウ葉エキス

ヨーロッパでは、遥か昔から血管系の病気やボケにイチョウ葉エキスが使われており、血行を改善する作用が期待できる成分となっております。

 

耳鳴りは、耳周辺の血液の流れが滞ることで生じる可能性が高いため、イチョウ葉エキスの効果が高いということがお分かり頂けるはずです。

 

イチョウ葉エキスの主成分であるフラボノイドは、耳鳴りだけではなく頭痛やめまいにも効き目があり、副作用は特にないので安心して摂取できます。

 

このサイトでご紹介している美聴泉の中には、たっぷりとイチョウ葉エキスが配合されており、身体の内側から不調を整えてくれるので、是非飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


ギンコライト

ギンコライトはイチョウの若木に含まれる成分で、脳に作用して血管を拡張し、血液の粘土を下げるという作用を持ち合わせております。

 

血行障害を改善してくれる成分なので、耳鳴りの症状を和らげるには最適ですし、老人性痴呆症や動脈硬化といった高齢者が引き起こされることの多い病気の予防にも役立つのです。

 

実際に、ドイツやフランスでは老人性痴呆症の治療薬として広く使われており、冷え性や肩こりで悩む方に効果的な働きをしてくれます。


セサミン

セサミンは老化防止作用を持ち合わせている有効成分の一つで、アンチエイジング効果が高いということで、女性から非常に人気となっております。

 

加齢によって耳の器官が老化を引き起こすと、耳鳴りといった不快な症状が引き起こされやすくなるので、セサミンを体内から摂取するのは有効な手段の一つです。

 

この成分は胡麻の中にたっぷりと含まれているので、毎日の食卓で胡麻を取り入れるようにしましょう。


ヒマワリ種外皮エキス

ヒマワリ種外皮エキスは、耳鳴りに効き目がある成分として広く知られております。

 

ヒマワリ種外皮エキスの中には、血液の流れを促進したり抗酸化作用が期待できるクロロゲン酸や、神経機能を高めるキナ酸誘導体が含まれており、身体の不調によって生じる耳鳴りを改善してくれるというわけです。

 

内耳や脳神経の働きを高めるという作用も持ち合わせているため、耳鳴りの症状を和らげるために摂取していきたい成分だと言えます。

 

 


「耳鳴りに効く成分」についてのページ