耳鳴りの治療は何科?

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りの治療は何科なの?

「耳鳴りの治療を行うためには、何科を受診すれば良いの?」という疑問を感じている方がいらっしゃいます。

 

耳鳴り以外にもめまいを伴っている場合、何科で診てもらえば良いのか迷うかもしれませんが、耳の病気によって引き起こされている可能性があるため、耳鼻咽喉科で診断してもらうのが一般的です。

 

耳鳴りが引き起こされると、別の症状として吐き気や嘔吐、冷や汗が生じることが多く、風邪のような症状だと勘違いして内科を受診するという方もいらっしゃいます。

 

決して間違いではないものの、何科を受診すれば良いのかという目安は、「主な症状が何なのか?」という点に注目するのがベストで、耳鳴りやめまいが主体であれば始めに耳鼻咽喉科で治療を受けた方が良いのです。

 

ストレスが要因で耳鳴りが生じているにしろ、難聴が原因にしろ、耳の病気が全く関係していないと言い切ることはできないため、まずは耳鼻咽喉科を受診してどのように耳鳴りを治療していけば良いのか尋ねてみましょう。

 

そして、ここで診察や検査を受け、耳に異常がないということが分かったら、他の部位の異常によって生じていると考え、それに適した病院を受診します。

 

とは言え、生理的に引き起こされている耳鳴りであれば、病院で治療を受けなければならないというわけではないので、このサイトでご紹介している美聴泉を使用するべきです。

 

病院で治療を行うのではなく、自宅で美聴泉を使うのは方法の一つとなっており、サプリメントで症状を緩和できる素晴らしいアイテムなので、一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りの症状が悪化して何科を受診すれば良いのか分からない場合、総合病院を受診するというのは一つの選択肢です。

 

もし、一つの科を受診して異常が見られなかったら、他の科に回されることとなり、幾つもの病院を転々としなくても済みます。

 

また、耳鼻科を受診する前に、耳鳴りとともに「視力障害」「言葉が発せられない」「手足の痺れ」「意識障害」といった症状を伴うのであれば、脳神経外科を受診するのが良いかもしれません。

 

このようなケースでは、ただの耳鳴りではなく、脳梗塞や脳出血のリスクが高まるため、脳神経外科で早期治療を行わなければならないのです。

 

当人に意識があれば自力で病院へ足を運ぶことができるものの、意識障害を伴う可能性があるため、救急車を呼ばなければならないことも多々あります。

 

適切な治療を行っても後遺症が残る危険性は十分にありますが、どちらにしても早めに治療を施さなければどんどん症状は悪化するので、少しでも身体に異変を感じたら脳神経外科を訪れてみてください。