耳鳴りとタバコ

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りとタバコについて

禁煙している方は既にご存知かもしれませんが、タバコの中には数百種類の化学物質が含まれており、その中のニコチンや一酸化炭素は、耳鳴りやめまいの症状を悪化させることが分かっております。

 

特に、ニコチンが一番悪影響を引き起こす物質で、これが血液の中に溶け込むことでカテコールアミンは自律神経の末端から遊離し、血小板が固まりやすくなって内耳の血管の酸素が少なくなるのです。

 

そして、内リンパ液の組成に悪影響が及び、感覚細胞が異常な刺激を受けることによって、耳鳴りが発生しやすいという仕組みになっております。

 

内耳の血管への酸素の供給量が減れば、血行が阻害されて耳鳴りが悪化し兼ねないので、タバコはなるべく吸わない方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

同じ嗜好品のお酒も耳鳴りの症状を悪化させている原因だと考えられているものの、適度な量であればストレス解消に役立ちますし、血行を良くする効果が期待できるので、場合によっては耳鳴りが改善するかもしれないのです。

 

一方で、タバコを吸うメリットは何一つとしてなく、健康を阻害する大きな原因となるため、百害あって一利なしだと言えます。

 

中には、タバコを吸うことでストレスを解消できると考えている方がいらっしゃいますが、健康被害は計り知れませんし、ニコチン切れにイライラしたり、外出中に喫煙できる場所を探したりと、ストレスが溜まる要素はたくさんあるのです。

 

もし、耳鳴りの症状が悪化して悩んでいるのであれば、タバコを止めて禁煙するとともに、このサイトでご紹介している美聴泉の摂取をおすすめします。

 

美聴泉は耳鳴り以外にも、めまいといったトラブルを改善できる万能サプリメントなので、症状が悪化する前に一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、タバコを吸ってニコチンが体内の中に吸収されると、血管が収縮して耳鳴りが引き起こされやすくなるだけではなく、動脈硬化といった病気にも繋がります。

 

それに、タバコには発がん性物質が多く配合されているというのは有名な話で、耳鳴りやめまいの予防だけではなく、全身の健康を手に入れるためにも早めに禁煙した方が良いのです。

 

禁煙を始めるとストレスが溜まり、禁断症状が表れるということで悩んでいる方がいらっしゃいますが、これは一時的な症状であり、長期的に禁煙を行えばだんだんと不快な症状は薄れていくでしょう。

 

「どのような禁煙方法を行えば良いの?」という悩みを抱えている方は、最初はニコチンガムやニコチンパッチといった禁煙グッズに頼るべきです。

 

「今日から禁煙しよう」「明日から絶対にタバコを吸わない」という意志だけの禁煙は長く続きませんし、簡単に成功するのであれば多くの方が実践しております。

 

タバコは直ぐに止めることができないからこそ、多くの方が悩まされておりますし、病院によっては禁煙外来を設けているところがあるのです。

 

もちろん、無理にタバコを止めようとするとストレスが溜まり、その影響で耳鳴りが酷くなるかもしれないので、長期的な目線で見て自分の気持ちを変化させたり、頭の切り替えを行っていくのが良いかもしれません。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」についてのページ