低音の耳鳴りの原因

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

低音の耳鳴りの原因について

耳鳴りと聞くと、多くの方は「キーン」や「ピー」といった高音の症状を思い浮かべるかもしれませんが、低音の耳鳴りで悩まされているという方は多くいらっしゃいます。

 

どのような原因で低音の耳鳴りが発生しているのか個人によって異なりますし、聞こえる音も「ゴー」や「ボー」というように大きな違いが生じているのです。

 

そして、低音の耳鳴りは連続して引き起こされ、常に音程が低いという特徴があり、不快だと感じる方は決して少なくありません。

 

しかし、一概には説明できないものの、低音の耳鳴りは高音の耳鳴りよりも比較的危険性が少なく、大きな病気が引き金となっているわけではないと説明できます。

 

低音の耳鳴りの原因は、毎日の肩こりやストレスから引き起こされる血行不良や、気圧が急激に変化したことによる聴機能のコントロール不足で、比較的日常生活で引き起こされやすいのです。

 

気圧の急激な変化は、飛行機に乗ったりエレベーターで高い場所に昇ったりすれば引き起こされますし、ストレスは誰しもが感じるものなので、日常生活での予防が大事だと言えるでしょう。

 

お仕事で忙しく睡眠不足が長期的に続いているという方や、肩こりが酷い主婦の方は低音の耳鳴りが生じやすいので、それぞれ自分に合った解消方法を毎日の生活で取り入れるべきです。

 

定期的な運動やお風呂でのマッサージなどが挙げられますが、直ぐに低音の耳鳴りが治るというわけではないので、このサイトでご紹介している美聴泉の使用をおすすめします。

 

自分に合った粒数を摂取するだけで、少しずつ体内に栄養分が行き渡って耳鳴りの症状を和らげてくれるため、是非一度美聴泉を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、低音の耳鳴りは上記で説明した原因が全てというわけではなく、急性低音障害型感音難聴という病気の可能性があります。

 

急性低音障害型感音難聴は低音型突発難聴とも呼ばれており、常に耳の中に水が入り込んだ状態となって「ブーン」という低音の耳鳴りが聞こえるような症状です。

 

難聴の一種なので自然と解消することはほとんどありませんし、耳鳴りだけではなく軽いふらつきを訴える方も多く、放置していては危険な症状なので、病院を訪れてどのような対策を打てば良いのか伺った方が良いかもしれません。

 

また、耳鳴りとともに回転性のめまいが生じるメニエール病も、低音の耳鳴りが聞こえる場合があります。

 

メニエール病も耳鳴りと同じように詳しくは解明されていない部分が多いものの、耳鳴りの治療に詳しい専門医に診せれば、個人の症状に合わせて対処してくれるはずです。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」についてのページ