耳鳴りと熱中症

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りと熱中症について

病院で行かなければならないほど悪い状態ではないものの、めまいや耳鳴りの症状に悩まされている方がいらっしゃいますが、時期が夏であれば熱中症の初期症状の可能性があります。

 

熱中症とは長時間に渡って直射日光の当たる場所に入り続け、その影響で水分や塩分といった体内のバランスが崩れ、調整機能が破綻する病気のことを指すのです。

 

調整機能の破綻によって引き起こされる症状の代表的なものが、耳鳴りやめまい、脱力感や頭痛などで、場合によっては意識を失うほどの重い症状に至り、命の危険に晒されることもあります。

 

年々熱中症によって倒れる方が多くなっていることもあり、ニュースでは毎日の予防を行うようにと指示しているのです。

 

基本的に熱中症は外出中に水分補給を怠っていたり、炎天下の中で歩き続けたりといった原因で生じますが、自宅にいてクーラーを使用していなかったために体内の温度が上昇することもあるので、夏場は十分に注意しなければなりません。

 

耳鳴りであればそこまで大きな症状ではないものの、重度の熱中症になると脳細胞が破壊されて、運動障害や全身性の痙攣、記憶力の低下といった高次脳機能障害が引き起こされることもあります。

 

場合によっては後遺症が残るというリスクも生じるので、普段の生活できちんと予防をしなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

 

とは言え、夏場ではないのにも関わらず、耳鳴が引き起こされたのであれば、熱中症ではなくその他の原因が考えられるので、このサイトでご紹介している美聴泉を使用するべきです。

 

美聴泉はサプリメントなので、病気を治すような力はないものの、耳鳴りを和らげてくれる成分がたっぷりと含まれているので、一度使用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記で説明したように、夏場になると耳鳴りが酷くなりやすいという方は、熱中症が原因で引き起こされている可能性が高くなります。

 

つまり、熱中症を予防していれば、重度の耳鳴りに悩まされることがなくなるはずなので、外出中は特に定期的に水分補給を行うべきです。

 

体温の上昇を防ぐためにも、喉が渇く前に水分補給を行う必要があり、寝る前にも水分を取るように心掛けなければなりません。

 

しかし、水分ならば何でも良いというわけではなく、ビールといったアルコールを含む飲料は、逆に体内の水分を排出することとなり、熱中症を助長させる大きな原因となるため避けるべきです。

 

また、めまいや倦怠感といった症状によって意識を失い、命の危険に晒されるかもしれないので、少しでも具合が悪いと感じたら病院に駆け込むべきですし、周りに友人や家族がいるのならば、体調が悪いということを伝えましょう。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」についてのページ