子供の耳鳴りの原因

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

子供の耳鳴りの原因について

耳の中で「キーン」や「ジーン」といった音が鳴り響く耳鳴りは、大人だけが引き起こされるわけではなく、子供でも生じる場合があります。

 

子供の耳鳴りの原因は、耳の構造が大人と比べて未発達なために引き起こされることが多く、その影響で耳鳴りが生じたり、中耳炎といった病気にかかりやすくなるのです。

 

中耳炎は細菌やウイルスが中耳に入り込んで炎症を引き起こす病気の一つで、成長期の子供は耳管の長さが短く、角度も水平に近いという特徴があるため、この病気を発症しやすくなっております。

 

「テレビの音が極端に大きい」「耳に痛みを感じている」という子供は、中耳炎を発症している場合があり、内耳まで炎症が達する内耳炎の原因ともなるので、早めに適切な治療を行わなければなりません。

 

病院を訪れれば、純音聴力検査やティンパノメトリーといった中耳炎の検査が行われ、医師の指示に従って薬物治療を行っていきます。

 

場合によっては、鼓膜を切開する手術が施される場合がありますが、医師の指示に従っていれば治すのが難しい病気ではないですし、完治すれば耳鳴りに悩まされるということはなくなるはずです。

 

子供が小さくなればなるほど、自分の症状を上手く伝えることができなくなりますし、素人では原因が分からないことも多いので、親御さんが少しでも早く子供の耳鳴りの症状に気が付いてあげることが大事だと言えます。

 

このサイトでご紹介している美聴泉は、サプリメントの一種なので、子供でも大人でも難なく摂取できるはずです。

 

どんな原因で引き起こされた耳鳴りだとしても、美聴泉を飲めば少しずつ解消できるはずなので、症状が悪化しないうちに毎日の生活に取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、子供の耳鳴りの原因としておたふく風邪も挙げられ、この病気になった一部の子供は難聴になる恐れがあり、その影響で耳鳴りが酷くなります。

 

また、テレビやラジオなどで日常的に大きな音を聞いているという子供は、耳鳴りや難聴に悩まされやすいという特徴があるので、親御さんがしっかりと音量調節をしてあげなければならないのです。

 

もちろん、大音量で音楽やテレビを聞いたことが原因で生じる耳鳴りは、子供だけではなく聴機能が発達した大人にも言えることなので、普段の生活で十分に注意しなければなりません。

 

小中学生の女の子に多いのがストレスが原因の耳鳴りで、自律神経系に異常が来たされることで耳鳴りの症状が酷くなります。

 

人間関係の悩みや家庭不和など、6歳から14歳くらいの女子はストレスを溜め込みやすいので、親御さんが日頃から子供の耳の状態に注意してあげましょう。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」についてのページ