耳鳴りとゾビラックス

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りとゾビラックスについて

ゾビラックスはヘルペスウイルスの増殖をおさえるための薬で、水ぼうそうの治療などに用いられます。

 

赤い水ぶくれができて痛みやかゆみを伴うヘルペスと耳鳴りには、全く関係性がないのですが、ヘルペスを治せるゾビラックスで耳鳴りの症状を和らげられるという噂が飛び交っているのです。

 

耳鳴りやめまいといったトラブルにゾビラックスが効き目があると、週刊誌に掲載されており、実際に試したことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、これは公の論文で証明されているわけではありませんし、医療機関の売名行為しかならないため、自分の判断でゾビラックスを使用するのは危険です。

 

もちろん、ヘルペスに悩まされており、医師からこの薬を処方された場合は、用法と用量を守って服用するべきですが、耳鳴りの治療のためだけに使用するのはおすすめできません。

 

確かに、ヘルペスウイルスによって耳鳴りが引き起こされる場合はあるため、それを治せる薬で耳鳴りが改善するのではないかという考えは間違っていないような気がします。

 

とは言え、耳鳴りを治すために開発されたわけではありませんし、皮膚に異常がないのにも関わらず使用する意味は全くないので、ゾビラックスを使わない方が良いというわけです。

 

そこで、耳鳴りが悪化して日常生活に支障が出ているというのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉の使用をおすすめします。

 

美聴泉はサプリメントなので、医薬品のような大きな効果は期待できないものの、緩やかに耳鳴りを治していくことができるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ゾビラックスはヘルペスウイルスをやっつける薬の中で、比較的副作用が少なく安全性が高いと言われており、広く用いられております。

 

しかし、薬の一種ということには変わりないため、下痢や吐き気といった胃腸障害、めまいや眠気といった副作用の可能性があるので、服用には注意が必要です。

 

上記でも説明致しましたが、ゾビラックスを使って必ずしも耳鳴りが治るとは限らないので、ヘルペスに悩まされていないのであれば使わない方が良いでしょう。

 

ゾビラックスは高価な薬の一つですし、金銭的な利益を得るために医療機関の中には、「ゾビラックスが耳鳴りに効き目あり」と謳っているのかもしれません。

 

そのような悪徳な病院は減ってきていますが、どのような治療を受けるにしても、信頼できる病院と医師を探さなければ不快な症状を和らげることはできないのです。

 

 


「耳鳴りを治す薬」についてのページ