耳鳴りに効き目のあるルビーナの特徴

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りに効き目のあるルビーナの特徴は?

近年では耳鳴りの症状を和らげる目的で、薬局やドラッグストアで販売されている市販薬を飲む方が増えました。

 

確かに、加齢や血行不良による耳鳴りは生活習慣の改善だけでは何ともならないことがありますので、市販薬に頼るのは選択肢の一つですね。

 

数多くの医薬品の中でも、タケダの漢方薬から販売されているルビーナは耳鳴りに効き目があります。

 

耳鳴りの症状を改善するためだけに作られた医薬品ではありませんが、ルビーナは更年期障害による様々な不調に効果的ですよ。

 

以下ではタケダの漢方薬のルビーナにどんな特徴があるのかまとめていますので、耳鳴りや難聴の症状で悩んでいる方は一度チェックしておきましょう。


更年期に引き起こされやすい症状を改善する

ルビーナには、更年期に引き起こされやすい症状を改善する効果があります。

 

更年期に突入した女性はホルモンバランスの変化によって様々な不調で悩まされやすく、具体的な症状を幾つか挙げてみました。

 

・周りで音が鳴っていないのにキーンとした耳鳴りが起こる

・揺れているように感じる浮動性のめまいが引き起こされる

・天井がグルグルと回る回転性のめまいで悩まされる

・暑くないのに汗が出たりホットフラッシュが引き起こされたりする

・手足がパンパンになってむくむ

・冷え性の症状が悪化する

・精神的にイライラしたり怒りっぽくなったりする

 

身体的な症状に加えて精神的な不調も引き起こされるのが更年期障害の厄介なポイントなのではないでしょうか。

 

加齢による影響でホルモンバランスが崩れるのは仕方がないものの、場合によっては日常生活に支障が出るケースもあります。

 

そんな時にルビーナの服用がおすすめで、耳鳴りやめまい、立ちくらみや貧血、火照りやのぼせなど様々な症状の緩和が可能ですよ。


漢方で使われている生薬が入っている

耳鳴りに効くルビーナには、漢方で使われている生薬が入っています。

 

豊富な種類の生薬が身体へと働きかけ、内側から耳鳴りやめまいが引き起こされにくくなる体質へと改善してくれるメカニズムですね。

 

以下ではルビーナに含まれている生薬の種類と、大まかな働きについてまとめていますので一度チェックしておきましょう。

 

トウキ:鎮痛作用や鎮静作用を持ち、滋養強壮にも効果を発揮する

シャクヤク:栄養成分である血を増やす作用を持っている

センキュウ:駆お血(くおけつ)作用や鎮痛作用を持つ

ジオウ:血行障害やホルモン分泌障害に効き目がある

ブクリョウ:利尿作用や強壮剤として消化不良の治療に用いられる

ケイヒ:免疫力を回復したり胃腸の機能を整えたりする

ソウジュツ:食欲不振や胃腸の機能低下に効き目がある

カンゾウ:胃痛や疼痛など諸々の急迫症状を緩和する

 

漢方薬は西洋薬とは異なり、穏やかな作用が期待できますので身体へと大きな負担が加わることはありません。

 

医薬品である以上は副作用のリスクは少なからずあるものの、無理なく体質改善が可能です。


副作用が怖い人にはルビーナではなくサプリメントがおすすめ!

医薬品の副作用が怖い人には、ルビーナではなくサプリメントの摂取による耳鳴りの解消がおすすめです。

 

ルビーナは穏やかな作用が期待できるものの、次の副作用のリスクがあります。

 

・胃が荒れて食欲不振に陥る

・アレルギー症状が出る

・便が緩くなる(下痢になる)

 

一方でサプリメントは医薬品ではなく健康補助食品に分類されていますので、副作用のリスクは一切ありません。

 

つまり、医薬品よりも安全に耳鳴りの症状を和らげるケアが自宅で行えるため、ルビーナを服用する前に美聴泉(びちょうせん)を試してみましょう。

 

美聴泉(びちょうせん)は耳のトラブルの緩和に効果的な天然の植物成分がメインで入っていますので、食後や就寝前のタイミングで飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


「耳鳴りを治す薬」についてのページ