耳鳴りと安定剤

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りと安定剤について

うつ病や自律神経失調症など、精神的な病気などが原因で耳鳴りの症状が悪化しているという方には、精神安定剤が処方されます。

 

精神安定剤とはその名の通り精神状態を安定させる作用を持ち合わせた薬の一つで、緊張状態を緩和させて不安状態を消失させるという作用が期待できるのです。

 

ベンゾジアゼピン系とセロトニン作動性の2つに精神安定剤は分けられるものの、薬の作用など特に大きな違いがあるというわけではないので、気にする必要はないでしょう。

 

耳鳴りを日常的に感じている方は、その症状が原因で不安感に襲われることがありますが、精神安定剤を飲めばその不安を取り除いてくれますし、薬の作用によって睡眠が良く取れ、耳鳴りが小さくなるという効果も得られます。

 

もちろん、精神安定剤で直接的に耳鳴りを改善できるというわけではないものの、間接的に症状を和らげられるということは間違いないので、医師からこの薬を処方された場合は、用法と用量を守って服用していくべきです。

 

基本的には内服によって処方していきますが、耳鳴り以外にも吐き気や嘔吐が酷く、口から摂取できないという場合は、鼓室内注入や注射によって薬を服用していきます。

 

しかし、精神的に苦痛を感じていることが原因ではないのであれば、精神安定剤を服用しても耳鳴りの症状を和らげることはできないので、このサイトでご紹介している美聴泉がおすすめです。

 

美聴泉はサプリメントの一種となっており、薬のように即効性は期待できないものの、安全に摂取できるというメリットを持ち合わせているので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りの症状を和らげるために病院で精神安定剤が処方された場合、医師や薬剤師から説明を受けるはずですが、副作用が引き起こされる可能性があります。

 

もちろん、良い効果を得られるという反面、欲していない効果が出るのは薬であれば仕方のないことなので、精神安定剤に限った話ではないでしょう。

 

精神安定剤の主な副作用としては、眠気・吐き気・依存・物忘れが挙げられ、人によっては脱力感や倦怠感を覚えることもあるのです。

 

激しい眠気に襲われるという方が多いようなので、精神安定剤の服用後は、車の運転や危険な作業を行ってはいけません。

 

また、服用の期間に関しては医師の指示に従わなければならず、自己判断で急に止めたりすると、逆に症状が悪化するという危険性があるので、続けるのか止めるのかは医師に尋ねるようにしてください。

 

 


「耳鳴りを治す薬」についてのページ