耳鳴りを治す薬

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りを治す薬について

現在では医療の発達によって様々な病気を薬で治すことができますが、耳鳴りを完全に治せるような薬は登場しておりません。

 

しかし、薬で耳鳴りを和らげられないというわけではなく、耳鳴りの原因と考えられる病気を薬で治して間接的に耳鳴りを改善したり、症状の緩和は十分に可能となっております。

 

市販で販売されている薬を素人の判断で使用するのはあまりおすすめできないものの、医師から処方された薬を使って耳鳴りを改善するのは選択肢の一つです。

 

そこで、このページでは耳鳴りを治したり症状を和らげたりできる薬をご紹介しているので、医師から処方された時のために知識を身に付けておいてください。


代謝改善薬

代謝改善薬は、血管を広げることで血流量を増やし、内耳の働きを活性化させることによって耳鳴りを改善していきます。

 

めまいや耳鳴りを伴うメニエール病の治療として代謝改善薬が処方される場合があり、中耳や内耳の神経の活動を回復させられるのです。

 

アデノシン三リン酸二ナトリウムやユビデカレノンなど色々な種類の薬があるため、医師が指示する薬を使って改善していきます。


ステロイド剤

ステロイド剤は突発性難聴など、急な炎症が引き起こされた際に使用される薬の一つとなっております。

 

ニキビの炎症を和らげるためにもステロイド剤が使われているので、使用したことのある方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ステロイド剤が処方された場合は、医師から説明を受けるはずですが、副作用や依存性が強いというデメリットがあるので、十分に注意が必要です。


ビタミン剤

耳鳴りの治療にビタミン剤が処方されることもあり、ビタミンEは血流量をアップさせ、血液の流れを促進する効果が期待できるため、耳鳴りの症状を和らげられます。

 

他にも、ビタミンB12は抹消神経に引き起こされた傷を回復させたり、精神を安定させるという効能が期待できるので、耳鳴りの治療に最適なのです。

 

精神が不安定となってストレスを過度に溜め込んでいると、耳鳴りの症状が悪化しやすいという特徴があるので、薬に頼るだけではなく、毎日の生活でもリフレッシュした方が良いでしょう。


抗うつ薬・抗不安薬

精神的なストレスが原因でうつ病を発症したり不安感が強くなると、耳鳴りやめまいが引き起こされやすいという特徴があるので、そのような方には抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。

 

精神面での改善もそうですが、筋肉や血管の緊張を解すという効果も期待できるのです。

 

ジアゼパムやドグマチール、サインバルタなど抗うつ薬や抗不安薬にはたくさんの種類があり、医師が患者さんの症状に合わせて処方するという形になります。

 

 

 

これらの薬で症状を和らげることができるものの、副作用が引き起こされるというリスクが生じるため、安全に耳鳴りを治していきたいのであれば、当サイトでご紹介している美聴泉を使用するべきです。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りを治す薬」についてのページ