高齢者の耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

高齢者の耳鳴りの治療について

高齢者

高齢者は若者と比べて耳鳴りが引き起こされやすく、日常生活に支障が来たされる可能性があるため、適切な治療が必要となります。

 

もちろん、人間が歳を取って聞こえが悪くなるというのは自然な現象で、聴覚だけではなく、皮膚のみずみずしさや走る際に使用する筋肉など、身体の至る部分が衰えていくのです。

 

老化によって耳鳴りが生じるのは仕方ないのですが、聴覚はコミュニケーションを図るために大切な器官で、耳鳴りが酷いということで周囲との良好な人間関係が築けなくなるかもしれないので、適切な治療を行った方が良いでしょう。

 

高齢者の耳鳴りの治療としては、耳鳴りを意識させなくするアプローチのTRT療法が有名で、完全に耳鳴りの音を小さくしたり消したりはできないものの、耳鳴りが不快だと感じなくなります。

 

TRT療法は別の雑音を患者さんに聞かせる治療を行うとともに、医師のカウンセリングによって耳鳴りについての知識を与え、不安を軽減させていくのです。

 

高齢者の方は、耳鳴りが引き起こされていることでコミュニケーションが取りにくくなり、孤立してしまうのではないかという不安を抱えるかもしれません。

 

そのような精神的なケアも同時に行っていかなければならないため、TRT療法ではカウンセリングが用いられていると説明できます。

 

「キーン」「ピー」「ジーン」など、個人の症状によって聞こえる音は異なるのですが、絶対に治せない症状ではないため、治療の余地は十分にあるというわけです。

 

もし、自宅で耳鳴りの治療を行いたいという高齢者がいらっしゃるならば、このサイトでご紹介している美聴泉が適しております。

 

高齢者の方は、病院へ通院するのが大変かもしれないので、有効成分が配合されたサプリの美聴泉を使い、耳鳴りの症状を少しでも和らげられるように努力してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、特に大きな病気にかかっていないとしても、高齢者の約30%の方は、日常的に耳鳴りを感じていると言われております。

 

これは加齢に伴って引き起こされる老人性難聴が大きな原因で、完治できるような治療法は確立されておらず、症状の程度や発症時期に関しては個人差が大きいという特徴があるのです。

 

高齢化によって聴力が低下するのは、決して不思議な話ではなく、その影響で耳鳴りが引き起こされるのは仕方がないかもしれません。

 

加齢による耳鳴りは、聴力低下と同じように自然現象と捉える方が多いものの、不快な症状に変わりはないので、積極的に治療を行った方が良い場合もあります。

 

それに、老人性難聴ではなく、生活に支障が出るようでしたら病気の可能性も否定できないため、高齢者の方は自分の耳に違和感を持ったら、直ぐに医療機関で診察を受けた方が良いのです。

 

老人性難聴とともに生じる耳鳴りが、身体の危険を表しているサインと捉えることもできるため、今後どのような対処を行えば良いのか、専門医に伺ってみてください。