ビタミン剤で耳鳴りを治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

ビタミン剤で耳鳴りを治療しよう

耳鳴りを治療するために病院を訪れると、末梢神経の障害を治すためのビタミン剤が処方されることがあります。

 

「ビタミン剤で耳鳴りは治るの?」という疑問を抱くかもしれませんが、耳鳴りやめまいといった症状は、普段から摂取する栄養素の影響を強く受けるのです。

 

ビタミン類の中でも耳鳴りの治療に用いられているのはビタミンB12で、この栄養素が含まれたビタミン剤を摂取することにより、末梢神経の新陳代謝を促してくれます。

 

ビタミンB12は難聴の治療薬の中にも含まれている栄養素で、普段の食事で摂取量が足りていないという方は、ビタミン剤に頼るのが適しているというわけです。

 

この栄養素を多く含む食品として、レバー・アサリ・にんにく・サンマ・スジコが挙げられるので、耳鳴りの治療のために積極的に摂取するのは良いことかもしれません。

 

ただし、ビタミンB12を漠然と摂取していれば良いというわけではなく、植物性食品には活性タイプのビタミンB12が含まれていないことが多いので、耳鳴りの症状を和らげたいのであれば、動物性食品を摂取しなければならないのです。

 

あまりにも食べ過ぎて脂肪分の過剰摂取になっては、他の健康異常が引き起こされるかもしれないので、ビタミン剤を使って耳鳴りを治療するのが適していると言えます。

 

このサイトでご紹介している美聴泉にはビタミン12は含まれていないものの、その変わりに耳鳴りやめまいの症状を和らげる成分が配合されているのです。

 

耳鳴りの自宅治療を行いたいのであれば、ストレスを解消するとともにサプリメントの使用が手軽なので、是非美聴泉を使って症状を和らげる努力を行ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明したビタミン12は食品から摂取できるものの、そのままの状態では胃酸で溶かされたり、細菌によって消滅させられてしまいます。

 

そのため、このような現象を防ぐために、唾液に含まれるRたんぱくという物質と結び付いて胃を通過し、その後に内因子と結び付いて腸内に存在している細菌に食べられるのを防いでいるのです。

 

しかし、加齢によって胃腸の粘膜が収縮している方や、病院で胃の手術を施した方は、内因子が体内に存在しないので、耳鳴りを和らげるためにビタミン12を摂取しても意味がありません。

 

食べ物からでは栄養素を吸収することができないので、ビタミン剤を服用するのがベストです。

 

また、疲労回復や疲労物質の分解を促してくれるビタミンB1やビタミンB2の摂取も、日々の疲れを和らげるために適しております。

 

疲れが溜まった状態を維持しているとストレスが増幅しますし、その影響で耳鳴りも酷くなると仮定できるので、全てのビタミンをバランス良く摂取するように毎日の生活を心掛けましょう。

 

 


「耳鳴りの治療方法」についてのページ