音楽で耳鳴りを治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

音楽で耳鳴りを治療しよう

慢性的に引き起こされると、不快だと感じる耳鳴りを、音楽を使って治療できるということをご存知ですか。

 

音楽は自律神経に直接働きかけるという特徴があり、過度のストレスといった要因で自律神経に乱れが生じることで、耳鳴りの症状が酷くなってしまいます。

 

自律神経は胃腸の働きや呼吸など無意識で調節している動作を指し、簡単に乱れてしまうため、繊細な音や高周波数の音楽を聞くことでゆったりとした気分となり、耳鳴りを治療できるというわけです。

 

一般的な耳鳴りの治療では、ホワイトノイズと呼ばれる音楽が利用されており、この音は私たちが無害で心地良いと感じます。

 

有害だと感じる耳鳴りと、無害だと感じるホワイトノイズを同時に聞くことで、心地良い音楽の中に不快な音が混じり、耳鳴り自体を不快だと感じなくなるというわけです。

 

もちろん、耳の病気で耳鳴りが酷くなっているのであれば、この治療はあまり効き目がないものの、小鳥のさえずりや川のせせらぎなど、気持ち良いと感じる音楽を聞くのは、有効な手段だと言えるでしょう。

 

音楽を利用した耳鳴りの治療は、実際に病院でも実施されておりますが、インターネットで検索すると色々なホワイトノイズがあるので、自宅でも気軽に試すことができます。

 

病院で音楽を使った治療を行うと、大きな費用が掛かるというデメリットがあるので、安い料金で処置を施したいという方は自宅で音響療法を行ってみるべきです。

 

しかし、絶対に治るという治療ではなく、人によっては特に効果が表れないという可能性は否定できないので、このサイトでご紹介している美聴泉の併用をおすすめします。

 

美聴泉を毎日の生活に取り入れることにより、少しずつ植物成分の力で耳鳴りを改善できるので、是非購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、一部の病院では、「Serenade Tinnitus Treatment Sysytem」と呼ばれる器具を使った耳鳴りの治療が実施されており、イヤホンを通じて音楽を聞いていきます。

 

耳鳴りから注意を反らすことを一番の目的とするマスキングとは異なり、この音楽療法は神経学的な原因を治療し、耳鳴りの抑制を図っていくのです。

 

一つの端末の中に複数の音楽が組み込まれたツールで、医師の指示に従ったトレーニングを行うことにより、少しでも症状を緩和することができるでしょう。

 

どのような方法を使って耳鳴りを治していくにしても、信頼できる専門医の指示に従っていれば、症状が悪化することはないはずです。

 

 


「耳鳴りの治療方法」についてのページ