お灸で耳鳴りを治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

お灸で耳鳴りを治療しよう

耳の病気は風邪などと違って頻繁に引き起こされるわけではないものの、一度生じると症状がとてつもなく大きくなって、病院で専門的な治療を施さなければならないということも珍しくないのです。

 

そのような耳の病気に伴って耳鳴りが発生することがあり、根本的な原因の病気が治ったとしても、耳鳴りが消えない場合があるので、そのような際はお灸をツボに行って治療することをおすすめします。

 

お灸とは、ヨモギなどを患部に乗せて火を付け、熱を身体の中に入れる治療のことを指しており、気血の不足を補う力や患部の炎症を鎮めるという効果が期待できるのです。

 

火を付けるということで、お灸に対して怖いというイメージを持っている方がいらっしゃいますが、数十秒で熱さのピークを迎えた後、次第に感じなくなっていくので大きな負担が掛かることはありません。

 

鍼灸院で鍼灸師にお灸をしてもらえば、血流の状態を正常に戻してくれるため、耳鳴りに対して大きな効果を発揮します。

 

ツボ押しだけでも耳鳴りを改善できると言われておりますし、更にお灸をすれば症状を和らげられることは間違いないです。

 

自宅で試せるお灸は存在しますが、インターネットで調べてもツボの位置が分からないという可能性は十分にあるので、専門医に任せた方が良いでしょう。

 

鍼灸院によってお灸に掛かる料金は異なるものの、そこまで高い費用を支払う必要はないため、耳鳴りの治療方法の一つとして試す価値は大いにあります。

 

とは言え、お灸は取っ付き難い部分があるので、もっと手軽に耳鳴りの症状を和らげたいのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉が最適です。

 

美聴泉はサプリメントを摂取するだけの簡単な処置なので、耳鳴りの症状が悪化して苦痛を感じる前に飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、自分での指圧では特に耳鳴りの改善が見られないという場合は、火を使わないお灸のせんねん灸を使用するのは一つの方法です。

 

もちろん、お灸を自宅で使うこともできますが、専門医が行うのとは訳が異なり、熱すぎて火傷してしまうかもしれないので、熱くなりすぎないお灸を購入した方が良いかもしれません。

 

また、お灸と皮膚の間に、生姜やにんにくをスライスしたものを挟むと熱さを感じずに済むと言われているので、自宅でお灸をする場合は試してみましょう。

 

「お灸を据える」というのは罰を与えるという意味なので、お灸を使った治療に恐怖感を抱く方が少なくないものの、実際に試してみれば気持ちが良いと感じるはずです。

 

 


「耳鳴りの治療方法」についてのページ