マスキング療法で耳鳴りを治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

マスキング療法で耳鳴りを治療しよう

補聴器を着用すると耳鳴りが和らぐと言われており、音を増幅させて電気信号が届きやすくなるからです。

 

「耳鳴りが発生している」⇒「別の音へと意識がいきやすくなる」⇒「別の音にかき消される」といった現象をマスキング効果と呼び、補聴器を付けて環境音を耳の中に入れるのは適しています。

 

このメカニズムを用いた耳鳴りの治療がマスキング療法で、数多くの病院でも採用されるようになりました。

 

・耳鳴りが酷くて夜に眠ることができない

・耳鳴りが起きてから仕事に集中できない

・少しでも耳鳴りの音を小さくしたい

 

こういった悩みを抱えている方にマスキング療法は適しており、身体へと負担を与えずに耳鳴りを治療できるのです。


まずはマスキング検査から行う

病院でマスキング療法を受けるに当たり、まずはマスキング検査を行う形となります。

 

本当にこの治療法が有効なのか個人の症状や体質をチェックし、音の程度に合わせて専門医が調節していくイメージです。

 

・耳は大小の音を同時に聞き分けることができない

・聴覚神経や内耳機能の問題による耳鳴りでもマスキングは起こる

・周波数が絞られていないホワイトノイズを用いる

 

このようなメカニズムを用いて治療を受け、他の雑音へと集中させてピーやキーンといった不快な音が気にならない状態にしていきます。

 

専用の機械を使って行われる形となりますが、医薬品を服用するわけではないので副作用は一切ありません。

 

個人で行うならラジオを使っても良いのですが、自分の身体に適した雑音は素人では判断できないのでマスキング療法で確かな効果を得るには病院で専門医の指示に従って処置を受けるべきです。

 

音響療法とカウンセリングを同時に行うTRT治療も注目を集めており、「もう治らない」と諦める前に相談してみてください。


マスキング療法とサプリメントの併用はおすすめ!

マスキング療法も耳鳴りを確実に治療できる方法ではないので、サプリメントの併用をおすすめします。

 

マスキング療法で外部から耳鳴りの症状を和らげる対処を行い、サプリメントで身体の内側から健康をサポートする栄養素を補給するのです。

 

耳鳴りや難聴をサポートするサプリメントはネット通販で数多く販売されており、副作用のリスクが一切ないからこそ高齢者から注目を集めているのではないでしょうか。

 

美聴泉(びちょうせん)は4つの天然成分が毎日の健康をサポートしてくれるサプリメントなので、何をしても鳴り止まない耳鳴りで悩んでいる方は一度飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 


「耳鳴りの治療方法」についてのページ