耳鳴りで失神することはあるの?

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りで失神することはあるの?

「耳鳴りの症状が酷くなって失神することはあるのか?」という疑問を抱えている方はいます。

 

確かに、キーンやピーといった耳鳴りが日常生活の中でずっと鳴っていると、気が狂ってしまうのではないかと考えるかもしれません。

 

耳鳴りの程度に関しては個人差があるので一概には説明できないものの、失神まで至ったという報告はほとんどないので安心してください。

 

そもそも、病気ではなくても耳鳴りは生理現象の一つとして引き起こされることがあり、自然と解消されるケースも多くなっています。

 

「耳鳴りが酷い=難聴のリスクがある」というわけではありませんし、毎日のように悩まされなければ神経質になる必要はないのです。

 

しかし、近年ではめまいを伴う耳鳴りの症状で悩む方が増え、失神するような状態に陥ったという報告も少なからずありました。

 

脳に十分な酸素が供給されない状態が10秒間に渡って続くと脳の機能が低下し、フラフラと倒れて意識を失ってしまいます。

 

必ずしも耳鳴りが引き金となるわけではありませんが、失神だけではなく頭痛や冷や汗、立ちくらみや吐き気といった症状を伴うのならば脳貧血かもしれません。

 

以下では、脳貧血が引き起こされる原因について簡単にまとめてみました。

 

 

・最高血圧が100mmHgに満たない低血圧の状態が続いている

・自律神経の機能低下を引き起こして血管の収縮が行われず、脳に十分な血液が行き渡っていない

・寝不足や栄養バランスの悪い食生活など不規則な生活を長期間に渡って送っている

・妊娠して全身の筋肉を柔らかくするホルモンが分泌されて血管が緩んでいる

 

 

生理や妊娠などホルモンバランスの乱れによって脳貧血が引き起こされることもあるので致し方ありません。

 

しかし、低血圧が続いていたり自律神経が乱れていたりといった原因でも脳貧血は引き起こされやすく、症状が酷い人は耳鳴りやめまい、失神に繋がりやすいのです。

 

一過性の症状ならば特に心配はないものの、あまりにも頻繁に耳鳴りが生じたりフラフラしたりという状態に陥っているのならば医療機関を受診して専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

 

当サイトでは耳鳴りの症状を緩和して快適な日常生活を送るサポートをしてくれる美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、高齢者から高い人気を得ているサプリメントとなっています。

 

とは言え、耳鳴りやめまいの治療に繋がるわけではないので、美聴泉(びちょうせん)でも症状の緩和に結び付かないのならば早めに病院を訪れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、セルフケアで耳鳴りを対処できないのならば、病院を受診して専門的な治療を受けるのは選択肢の一つとなっております。

 

自宅であれこれと対策を練っていても確実に改善できるとは言い切れないので、専門医の指示に従って治療を受けた方が良いのはお分かり頂けるはずです。

 

取り入れられている方法の中でもTRT(耳鳴り再訓練療法)をメインにしている病院が多く、「ダイレクティブカウンセリング (Directive Counseling)」と「音響療法 (Sound Therapy)」の2種類で構成されております。

 

前者では医師とのカウンセリングによって耳鳴りに関する知識を得て誤った理解や認識を改善し、後者では耳鳴り以外の音響的ノイズを聞くことで意識を逸らすことを目的にしているのです。

 

特に、揺らぎの含まれる環境音を聞こえるか聞こえないかくらいの音量で聞き流す方法が適しており、訓練によって耳鳴りが気にならなくなります。

 

どのような方法が自分に適しているのか知るためにも、医療機関へと足を運んでみてください。

 

 


「耳鳴りに関する疑問」についてのページ