耳鳴りは聞き流すべきなの?

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りは聞き流すべきなの?

「キーン」や「ピー」といった不快な耳鳴りは聞き流すべきなのかどうか、疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、頭の中で音が響いている状態は辛いですし、聞き流すのが最も良いかもしれません。

 

しかし、あまりにも頻度が多いと聞き流すことができず、「気になって仕方がない」「物事に集中できない」「イライラしてストレスが溜まる」という状態に陥ります。

 

生理的な現象として若者が引き起こすケースもあるので一概には説明できないものの、高齢者の場合は耳の器官の機能低下によって耳鳴りの症状が酷くなりやすいのです。

 

ストレスが溜まって日常生活に悪影響を及ぼす可能性も少なからずあるため、聞き流すことができないのならば何かしらの対策を行った方が良いでしょう。

 

そこで、耳鳴りや難聴といった不快な症状を身体の内側から和らげるサプリメントの美聴泉(びちょうせん)が適しております。

 

聞こえのトラブルでお悩みの方に最適なのが美聴泉(びちょうせん)で、サン・クラルテ製薬から販売されました。

 

インターネットでも最大級の支持を得ている健康食品で、毎日の食生活で不足しやすい栄養素を補ってくれるのです。

 

もちろん、内服薬や外用薬といった医薬品とは異なるため、「耳鳴りの治療に繋がる」「難聴の治療に繋がる」というわけではありません。

 

それでも、天然の成分が濃縮された安全性の高いサプリメントなので、毎日発生する耳鳴りに苦しんでいる高齢者の方は一度美聴泉(びちょうせん)を注文してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、セルフケアで耳鳴りを対処できないのならば、病院を受診して専門的な治療を受けるのは選択肢の一つとなっております。

 

自宅であれこれと対策を練っていても確実に改善できるとは言い切れないので、専門医の指示に従って治療を受けた方が良いのはお分かり頂けるはずです。

 

取り入れられている方法の中でもTRT(耳鳴り再訓練療法)をメインにしている病院が多く、「ダイレクティブカウンセリング (Directive Counseling)」と「音響療法 (Sound Therapy)」の2種類で構成されております。

 

前者では医師とのカウンセリングによって耳鳴りに関する知識を得て誤った理解や認識を改善し、後者では耳鳴り以外の音響的ノイズを聞くことで意識を逸らすことを目的にしているのです。

 

特に、揺らぎの含まれる環境音を聞こえるか聞こえないかくらいの音量で聞き流す方法が適しており、訓練によって耳鳴りが気にならなくなります。

 

どのような方法が自分に適しているのか知るためにも、医療機関へと足を運んでみてください。

 

 


「耳鳴りに関する疑問」についてのページ