食べ過ぎが原因で生じる耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

食べ過ぎが原因で生じる耳鳴りについて

個人によって異なるので一概には説明できないものの、食べ過ぎが原因で耳鳴りの症状を引き起こすケースは少なからずあるようです。

 

「食べ過ぎで悪影響が生じるのは内臓だから耳の機能とは特に関係性がないのでは?」と考える人が多いかもしれません。

 

しかし、どんな種類の食べ物でも食べ過ぎによって自律神経の交感神経の働きが悪くなり、これはやる気や元気、意欲と密接な関係性があります。

 

その結果、心臓や腎臓といった内臓の機能に異変が生じますし、交感神経は耳の機能とも関わっているので耳鳴りが引き起こされやすくなっても不思議ではないのです。

 

また、人間は身体的な疲れを感じた時に、お菓子や糖分がたっぷりと入ったコーヒーなど甘いものを欲する特徴があり、ストレス解消のために糖分を身体が欲しているのが大きな理由となっております。

 

確かに、一時的に疲れを回復させることはできるものの、その場凌ぎで元気を取り戻すことを繰り返していると自然と身体への過激な負担となり、心にも負荷が加わって耳鳴りの症状が悪化しやすいので注意しなければなりません。

 

身体の機能が著しく低下したことによって耳鳴りやめまいなどの身体的な症状で悩まされることは多く、健康体の維持のためにも食べ過ぎは避けなければならないのです。

 

「食べ過ぎは身体に良くない」と頭では分かっていても食べ物を口にしてしまう原因としては以下が挙げられます。

 

 

・胃の中で胃酸が常に分泌され続けていて口寂しいと感じる

・交感神経の働きが鈍くなっていて満腹感を得られない

 

 

上記では、自律神経の交感神経の働きが悪くなることで、耳鳴りの症状が悪化しやすいと説明しました。

 

これは、「食べ過ぎる」⇒「交感神経の働きが悪くなる」⇒「満腹感を得られない」⇒「食べ過ぎる」⇒「耳鳴りの症状が悪化する」というメカニズムです。

 

交感神経がきちんと働いていれば、腹八分目で自然と箸が止まりますし、食べ過ぎてしまう心配はありません。

 

どんなに身体にとって良い栄養素でも過剰摂取による弊害は大きいので、身体的な不調を回避するためにも自律神経のバランスを崩さないように毎日の生活を送るべきです。

 

自律神経のバランスを整えるには、「五感を刺激する」「リラックスする」「人とコミュニケーションを取る」「自分と向き合う瞑想タイムを作る」という方法が適しております。

 

もちろん、これだけでは耳鳴りの緩和には繋がりませんし、逆に栄養不足が原因で症状が悪化しているケースも多いので、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ