ストレスが原因で生じる耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

ストレスが原因で生じる耳鳴りについて

耳鼻科で検査をしても耳鳴りの原因が分からないという場合は、心理的なストレスが関係している可能性があります。

 

日々感じるストレスによって引き起こされる病気は、うつ病や神経症、頭痛や腹痛など様々で、その中の一つとして耳鳴りが挙げられるのです。

 

ストレスは心と身体に容赦なく忍び寄って悪さを引き起こし、耳鳴りを中心とした身体的なトラブルだけではなく、心まで不安定にする大きな原因となるので、十分に注意しなければなりません。

 

私たちの耳は意識の焦点に合わせ、必要な音を脳内に取り込めるという能力があり、聴力が低下していなければ、目の前の人と難なく会話を行うことができます。

 

この現象をカクテルパーティー効果と呼び、自動的に聞き分けられるのが、耳が持ち合わせている大きな特徴なのです。

 

しかし、肉体的なストレスや精神的なストレスが過度に加わった状態ですと、聞き取るよりも音をシャットダウンするといった自己防衛機能を働かせるようになります。

 

そして、この状態が長く続くことによって限界に達し、「キーン」や「ボー」という耳鳴りが突然引き起こされるようになるのです。

 

しばらくストレスから解放された生活を送っていたら、自然と耳鳴りが治っていたというケースは決して稀ではないので、疲れた身体を癒してガス抜きさせてあげるようにしましょう。

 

ストレスが原因で引き起こされた耳鳴りであっても、このサイトでご紹介している美聴泉であれば、症状を少しずつ改善して気にならなくしてくれます。

 

効果が高いということで非常に優れたサプリメントですが、美聴泉を摂取していてもストレスが溜まっていては意味がないので、普段の生活を見直すようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ストレスが溜まると数多くの体調不良が引き起こされる自律神経失調症という病気にかかりやすく、その症状の一つとして耳鳴りが挙げられます。

 

他にも、片頭痛や筋緊張性頭痛、ドライアイや不整脈など挙げたらキリがなく、この病気を治さなければ耳鳴りの症状も重症化しやすいのです。

 

自律神経失調症が生じる確実な原因は未だに解明されていないものの、普段から感じているストレスが関係しているということは間違いありません。

 

しかし、ストレスを解消しても一度この病気が生じると、中々良くならないという特徴があるため、病院で薬物療法と心理療法を行い、症状を改善していくべきです。

 

マッサージをしてリラックスする理学療法や、アロマテラピーを使用した自然療法、うつ病を伴う場合は抗うつ薬や抗不安薬の使用など、個人の症状に合わせて医師が適切な治療を紹介してくれます。

 

ただの耳鳴りだと思ってあまり気にしないという方はいらっしゃるものの、日常生活に支障が出ないとも言えないので、できる限り早めに専門医の診察を受けましょう。

 

耳鳴りは基本的に耳鼻科で診てもらう形となりますが、自律神経失調症が関係している場合は心療内科や精神科が適しているかもしれないので、自分の症状に合わせて対処してみてください。

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ