パチンコが原因で生じる耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

パチンコが原因で生じる耳鳴りについて

パチンコが原因で耳鳴りに悩まされているという方は多く、これは騒音性難聴と呼ばれる立派な病気です。

 

友人の付き合いでパチンコホールに初めて行ったという方は、あの大音量の音楽にビックリしてしまったのではないでしょうか。

 

入店する際にお客さんを迎えるための音楽やファンファーレ、そしてパチンコ台から発せられるフィーバー音など、パチンコ屋の店内には耳に障害を与える大きな原因が詰まっております。

 

パチンコ屋さんにいてはあまり気にならないかもしれませんが、数時間後に外に出た際に耳鳴りが酷くなっていたり、周りの音が上手く聞き取れないという症状に悩まされることが多いのです。

 

カラオケ屋さんや工場などで仕事をしている方も、職業柄大きな音の近くで過ごしていることが多く、そのような方は4000ヘルツ付近の高音部の聴力が低下するという特徴があります。

 

通常の会話は特に異常なくできるのですが、そのまま騒音に晒された環境で過ごしていると、全音域に難聴が進行する可能性があるため、パチンコ屋に入り浸っているという方は十分に注意した方が良いかもしれません。

 

もちろん、パチンコ屋で働いているという方は仕方ないものの、耳鳴りが酷くなっている原因を自分から作っているということを把握しておかなければならないのです。

 

そこで、少しでも耳鳴りの症状を和らげるためにも、このサイトでご紹介している美聴泉をおすすめします。

 

美聴泉で完全に耳鳴りの症状を和らげられるというわけではないものの、サプリメントを摂取することで改善できたという方はたくさんいらっしゃるので、自宅での治療として取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、パチンコは趣味の一つで、本当に好きな方は耳鳴りの原因となると分かっていても、ホールに足を運んでしまうかもしれません。

 

パチンコを自分のお金で打つこと自体は全く悪いことではありませんが、自分の身体を痛めつけては全く意味がないので、耳栓をするという対処が必要です。

 

パチンコで耳を痛めないように、ホールで無料で配布されていることがありますし、100円ショップに行けば簡単に手に入れることができます。

 

また、ずっと同じ状態で座っているというのも良くないので、耳鳴りを予防するためにも、数時間に1回は外の新鮮な空気を吸い込み、首や肩のストレッチを行うべきです。

 

身体を積極的に動かせば、気になっていた耳鳴りが止む可能性はありますし、肩や腰を痛めないためにも、ストレッチを行うのは大事だと説明できます。

 

ホールで長時間に渡ってパチンコを打つというのは、お金だけではなく、それなりのリスクを伴うことになるので、少しでも身体を守る努力を行うようにしましょう。

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ