ホルモンバランスが原因で生じる耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

ホルモンバランスが原因で生じる耳鳴りについて

耳鳴りはホルモンバランスが原因で引き起こされることがあり、他にもめまいや頭痛など苦しい症状が生じることが多くなっております。

 

妊娠中や産後は、身体の中で女性ホルモンの量が著しく変化しており、その影響で耳鳴りdけではなく、ほてりや便秘といった症状も表れるようになるのです。

 

また、40代から50代の女性に多い更年期障害は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少によってホルモンバランスが大きく変化し、それが原因で不定愁訴を感じやすくなります。

 

更年期を過ぎれば女性ホルモンは安定していくため、このような不快な症状は落ち着いてくるものの、日常生活に大きな支障が出るほど体調を崩すという方も決して少なくはありません。

 

それに、耳鳴りが日に日に酷くなることが精神的に大きな負担となり、ストレスを増幅させていると考えることもできるので、早めに専門的な治療を行わなければならないのです。

 

ホルモンバランスが原因で生じる耳鳴りは、周りの音が聞こえなくなったり、耳が詰まった感じがするなど個人によって様々で、中には苦痛で生活できないレベルの方もいらっしゃいます。

 

耳鳴り自体はそれほど深刻な症状ではないものの、ストレスが発散できずに自律神経失調症やうつ病へと発展するケースは決して少なくないので、甘く見てはいけないというわけです。

 

理想は病院で専門医に正しい処置をしてもらうことですが、自宅で美聴泉を飲んでいれば耳鳴りの症状を和らげることができます。

 

もちろん、美聴泉にはホルモンバランスを整える作用は期待できないものの、少しでも症状が緩和すれば精神的に楽になるはずなので、一度美聴泉を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされた耳鳴りだとしても、上記でご紹介した美聴泉を使用すれば、少しずつ耳鳴りが気にならないレベルまで症状を抑えることができます。

 

不安な方は医師に相談するべきですが、身体に悪影響を及ぼすような成分は含まれていないので、妊娠中や授乳中の方でも安全に摂取できるのが大きなメリットです。

 

あまりにも耳鳴りの症状が悪化しているのであれば、自宅で治療を施すよりも病院を利用した方が良く、精神安定剤や血液の流れを良くするための循環改善剤などが個人の症状に合わせて処方されます。

 

また、女性ホルモンが足りていないのであれば、ホルモンバランスの乱れを人工的に改善するために低用量ピルを服用し、症状の緩和を目指していくのです。

 

耳鳴りやめまいの症状が酷いという方は、直ぐに変化が引き起こされないかもしれませんが、ホルモン剤の効能によって少しずつ安定してくるため、試す価値は大いにあります。

 

また、このような薬に頼るとともに、ホルモンバランスが崩れないようにストレスを解消したり、不規則な生活を送らないように注意しましょう。

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ