飛行機が原因で生じる耳鳴り

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

飛行機が原因で生じる耳鳴りについて

飛行機に乗った際に耳鳴りや耳の痛みが引き起こされることがありますが、これは外気の急激な変化が原因となっております。

 

つまり、飛行機で離着陸の際に気圧の急激な変化が生じるため、耳鳴りの原因となるわけです。

 

とは言え、これは生理的に引き起こされる耳鳴りの種類に分類されるので、何か身体に異変が生じているというわけではないですし、人間は知らず知らずのうちに調整を行うため、数分間程度経てば自然と症状はおさまっていきます。

 

飛行機が原因で生じる耳鳴りは、「ピーン」や「キーン」という高音が多く、航空性中耳炎とも呼ばれているのです。

 

耳に加わる圧力は、耳の鼓膜の内側に位置している中耳の話で、そこから耳管が鼻の奥にまで広がっております。

 

ストローの先に風船を取り付けたと仮定すると、飛行機に乗って上空を飛ぶことで気圧が低くなって風船が膨らみ、このままの状態だと中耳を圧迫して痛みが引き起こされるため、空気を出して外界の気圧と同じ気圧にするのです。

 

このような原因で耳鳴りが引き起こされる仕組みとなっており、全ての方が感じるというわけではなく、耳管の太さや曲がりやすさ、そして空気の通りやすさは個人差が生じているので、何も感じない方もいらっしゃいます。

 

しかし、耳鳴りや耳の痛みを感じやすいという方や、風邪や鼻炎で鼻が詰まっているという方は、飛行機に乗ることで耳鳴りが生じるだけではなく、数時間に渡って頭痛に悩まされるかもしれないので、注意しなければなりません。

 

お仕事で出張が多く、頻繁に飛行機に乗るという方は、その度に耳鳴りが生じるということで、非常に辛いかもしれないので、そのような時は唾を飲み込んでみてください。

 

鼻をつまんで口を閉じ、唾を飲んで空気を送り込む耳抜きを行うことで、鼓膜の外側と内側の気圧が均一となり、耳鳴りの症状が和らいでいくはずです。

 

一般的には一時的な症状ですし、飛行機から降りれば不快な症状はだんだんと治っていきますが、あまりにも酷い場合は耳から出血する可能性があります。

 

飛行機を降りた翌日になっても耳鳴りがまだ続いているようでしたら、他の原因で耳鳴りが生じているかもしれないので、一度医療機関を受診してみた方が良いでしょう。

 

また、耳鳴りが引き起こされやすいという方は、快適な空の旅を送るためにも、普段から美聴泉で耳鳴りの予防をするべきです。

 

定期コースに加入すれば、1パック11,340円という価格で購入できるサプリメントとなっており、錠剤を飲むだけの簡単な対処なので、一度美聴泉を使ってみてください。

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ