耳鳴りの原因

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りの原因について

このページでは、なぜ耳鳴りが引き起こされるのかその原因について詳しく説明していきたいと思います。

 

ここで原因をしっかりと把握し、耳鳴りの症状を和らげられるような努力を行っていきましょう。


ストレスが原因の耳鳴り

「キーン」や「ジー」といった耳鳴りが引き起こされる原因の一つとして、普段から感じているストレスが挙げられます。

 

現代人は仕事やプライベートなどストレスを感じることが多く、その影響で徐々に耳鳴りに悩む患者さんが増え続け、約10人に一人が悩まされているという結果になっているのかもしれません。

 

現代社会を見渡してみると、逆にストレスを感じていないという方はほとんどいないものの、心理的なストレスが増幅すると、「人と関わりたくない」「聞きたくない」という感情になって耳に大きな影響が加わるのです。

 

耳は音を聞き取る能力の他に、周りの音をシャットダウンして情報を取り入れようとしない機能を働かせる場合があり、それがある一定のラインを超えると耳鳴りといった不快な症状が引き起こされやすくなります。

 

特に大きな原因がないのにも関わらず、耳鳴りが慢性的に引き起こされているという方は、ストレスによる影響かもしれないので、日々の生活で上手く発散できるような努力を行うべきです。


加齢が原因の耳鳴り

耳鳴りの発症メカニズムに関しては、正確に解明されていないものの、加齢が原因ではないかと考えられております。

 

特に、「キーン」という高音の耳鳴りは加齢によって耳の機能が若い頃と比べて衰えると引き起こされやすいという特徴があり、この現象は加齢性難聴と呼ばれているのです。

 

齢性難聴は誰にでも生じる仕方のない症状で、相手の声が聞き取りにくくなるというわけではなく、聴力の低下によって今までは聞こえなかった周波数の音が聞こえるようになります。

 

この音が耳鳴りで、聞こえ方に個人差は生じているものの、60歳を過ぎた辺りから耳に何かしらの異常が引き起こされるかもしれません。

 

医師の中には、耳鳴りが引き起こされている原因が分からなくなると、「老化」という曖昧な答えで患者さんを納得させる方がいらっしゃいますが、遺伝的な要因や生活習慣の乱れの可能性もあります。

 

そのため、病院で耳鳴りを治すために治療を施そうと考えているのならば、信頼できる病院と医師を見つけるべきです。


病気が原因の耳鳴り

頭の中で音が鳴り響く耳鳴りは生理的現象の一つでもあり、自然に引き起こされることがあるので、特に対策を行うという必要はないです。

 

しかし、重度の耳鳴りに悩まされている方の中には病気が原因で生じていることがあり、症状が悪化することで精神的に病んだり、自殺に追い込まれたりといったケースは存在します。

 

耳鳴りの原因となり得る病気は、回転性のめまいを伴うメニエール病や、突然片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴など様々で、その症状の一環として耳鳴りが表れるのです。

 

パチンコやダンスフロアなど、スピーカーで大音量を浴び続けた結果、耳鳴りが酷くなる騒音性難聴も病気の一種だと言えるかもしれません。

 

どのような病気だとしても、進行すると治療が難しくなるということには変わりなく、耳閉感といった症状を伴うこともあります。

 

根本的な原因である病気を治さないことには、耳鳴りの症状を和らげることはできないですし、どれも自分の力で治せる病気ではないので、不安を感じたら一度病院を訪れてみましょう。


過度のダイエットが原因の耳鳴り

女性の中でほとんどの方が一度はダイエットを経験したことがあるかもしれませんが、あまりにも過度のダイエットを長期的に渡って続けていると、耳鳴りが生じる大きな原因となります。

 

特に食事制限を中心としたダイエットを行っているという方は、酸素を運搬するためのヘモグロビンが血液中から減少し、酸素が足りなくなって耳鳴りやめまいが酷くなるのです。

 

美しい自分を維持するために、少しでも体重を落としたいという気持ちは分かるものの、人間が生きていくために必要な栄養素が不足しては意味がありません。

 

肉類ばかりを摂取するのではなく、食生活のバランスを保っていれば過激なダイエットを行う必要はないので、一度自分の食習慣を見直してみるべきです。

 

 

 

まだはっきりと耳鳴りの原因は解明されていないので、確かなことは言えませんが、上記のような原因によって耳鳴りが引き起こされやすくなります。

 

病気が原因であれば、その病気を治すように医師の診察が必要ですが、「耳鳴りの改善」ということだけに焦点を当てれば、このサイトでご紹介している美聴泉で治せるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの原因」についてのページ