耳鳴りと麻痺

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りと麻痺について

「耳鳴りと麻痺には関係性があるの?」「耳鳴りによって麻痺は引き起こされるの?」という疑問を抱えている方はいます。

 

個人によって症状が異なるので一概には説明できないものの、顔面神経麻痺と耳鳴りには少なからず関係しているのです。

 

顔面神経麻痺とは顔面筋の運動麻痺のことを指し、下記のような症状が引き起こされます。

 

 

・額にしわを寄せられない

・目を閉じることができない

・頭部付近に違和感が生じる

・口角が垂れ下がる

・味覚障害を伴う

・角膜に潰瘍が形成される

 

 

上記の症状に加えて、麻痺している側の耳が過敏になって音が大きく響くのが特徴です。

 

低音でも高音でも小さな音が大きく耳の中で響くため、顔面神経麻痺と耳鳴りが同時に引き起こされたとしても不思議ではないことがお分かり頂けるかもしれません。

 

口を閉じると一緒に目を閉じてしまったりという方も多く、不自然なトリックモーションが多いのならば早めに病院を受診して専門医の診察を受ける必要があります。

 

耳鳴りだけならば生理現象として引き起こされることが多く、「自然と聞こえなくなっていた」というケースも少なくありません。

 

顔面神経麻痺に関しても自然治癒することはありますが、日常生活に支障が加わりやすいので早めに適切な対処をするべきです。

 

耳鳴りだけならば通販で取り扱っているサプリメントで症状の緩和が可能なので、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

身体の内側から体質改善を図るのはどんな病気の予防でも大事なので、一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、頭部の麻痺によって耳鳴りが引き起こされている患者さんの場合、顔面神経麻痺の治療で症状を和らげることができます。

 

医療機関では鍼灸治療が良いと考えられており、麻痺している部位に刺激を加えて興奮させる治療を行っていくのです。

 

顔面神経麻痺の症状や個人の体質によって得られる効果は異なるものの、鍼灸治療を重ねることで下記のような口コミを得ていました。

 

 

・だんだんと違和感がなくなって耳鳴りの症状も和らいだ

・右頬の筋肉が柔らかくなってきた

・耳の閉塞感が緩和されて聞こえが良くなった

・食事の時に汁物をこぼすことがなくなった

・右目が垂れ下がる感じが改善された

・顔全体の筋緊張が取れた

・閉眼できるようになって味覚も以前の状態に戻った

 

 

完璧な治療というわけではありませんが、顔面神経麻痺の症状の緩和に繋がるのは紛れもない事実です。

 

自宅でのセルフケアでは限界があるので、確かな知識を持った医師へと相談してみてください。

 

 


「耳鳴りによって引き起こされる影響」についてのページ