注射による耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

注射による耳鳴りの治療について

注射

個人によって耳鳴りの症状は異なるので一概には言えないものの、治療の一環として注射が行われる場合があります。

 

耳鳴りが酷いということで医療機関を受診し、直ぐに注射による治療が行われるというわけではありませんが、薬の服用で効果が表れず、医師が必要だと判断した場合に限って実際に行われるのです。

 

リドカインやビタミン剤といった注射が耳鳴りの治療では一般的で、効果が表れているようであれば続けて治療を行っていきます。

 

注射や内服といった方法は、耳鳴りの治療の中でも効き目が明らかで、精神的なアプローチを試みる心理療法や別の音を聞かせる音響療法よりも効果があるかもしれません。

 

しかし、その効果には大きな個人差がありますし、注射によって内服薬以上の効き目がある場合も、全く耳鳴りが改善されていないという場合もあるのです。

 

注射による耳鳴りの治療の中でも、リドカインを鼓室内に注入する方法や静脈への薬剤注射が一般的ですが、専門家の中にはその効果を疑問視する声が上がっております。

 

キシロカインと呼ばれる薬剤を使う場合は強い副作用が確認されており、頭がボーっとしたり唇がしびれたりと、不快な症状が引き起こされてしまうのです。

 

以上のように、使用する薬剤によっては危険を伴うため、体調や年齢に対する配慮が必要で、治療を受ける前に専門医にきちんと説明を受けた方が良いでしょう。

 

薬による副作用が怖いという高齢者の方は、注射を使った治療ではなく、このサイトでご紹介している美聴泉の使用をおすすめします。

 

美聴泉は植物性の成分が含まれたサプリメントなので副作用はありませんし、耳鳴りの症状を少しずつ和らげられるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、個人の耳鳴りの症状によっては、炎症を抑えるために役立つステロイド剤を鼓膜に注射する治療が行われる場合があり、実際に医療機関で実施されております。

 

ステロイドホルモン剤は強力な消炎作用を持ち合わせており、5秒から10秒程度かけて中耳に薬剤を流し込むことにより、耳鳴りの症状を改善していくのです。

 

1回注射すれば治療は終わりというわけではなく、1週間から2週間程度かけて注射を繰り返していくため、どのように改善していくのか医師から詳しい説明を受けなければなりません。

 

ステロイドホルモン剤は耳鳴りの治療だけではなく、ニキビやニキビ跡の治療にも用いられますが、副作用が強い薬ということで有名です。

 

局所的な処置の場合、大きな副作用に悩まされることは少ないと言われているものの、不快な症状が引き起こされないという保証はないので、あらかじめ医師のどのようなリスクがあるのか尋ねてみましょう。