耳鳴りと突発性難聴

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りと突発性難聴について

ある日突然、何も理由がないのにも関わらず、片方の耳の聞こえが悪くなる病気のことを突発性難聴と呼び、40歳から50歳にかけて多くなっております。

 

しかし、現在では高齢者だけではなく、20代の若者や子供でも突発性難聴にかかるケースが多く、耳鳴りや耳閉感といった症状が引き起こされるのが大きな特徴です。

 

厚生省研究班が1993年に行った調査によると、1年間で24,000人の方が突発性難聴を患っており、同時に耳鳴りの症状に悩まされております。

 

未だに突発性難聴の原因は解明されておりませんが、過度のストレスや疲労、内耳の循環不全やウイルス感染など人によって違いが生じており、専門医の診察を受けなければ正確なことは一切分かりません。

 

ただ、近年になって突発性難聴が引き起こされる患者数の増加傾向を見ると、ストレスフルな生活が引き金となって生じているのではないかと考えられているのです。

 

耳鳴りが引き起こされただけで突発性難聴を疑う必要はないものの、慢性的に引き起こされる耳鳴りとともに、耳の中に何かが詰まった感じや、めまいといった症状が重なるとこの病気の可能性が高まります。

 

どの患者さんにしても、突然片側の耳だけが聞こえなくなるという症状に悩まされているため、耳に違和感を感じたら直ぐに耳鼻科を受診した方が良いのです。

 

とは言え、中耳炎といったはっきりとした病気ではない場合、耳鳴りが酷いというだけで突発性難聴と診断されるケースも少なくないので、受診する病院やドクター選びは慎重に行わなければならないでしょう。

 

病院や専門医の判断によって異なりますが、耳鳴りを伴った突発性難聴の治療は、ステロイド薬や循環改善薬を使った薬物療法や、高濃度の酸素を吸入する高気圧酸素療法が挙げられます。

 

それに加え、病院で行われる治療法ではないものの、心身ともに安静にして、ストレスを解消するという試みも、予防法の一つとして欠かせません。

 

どのような治療をして突発性難聴を治していくにしても、一刻も早く治療を開始するのが一番大事で、できる限り発症してから48時間以内に適切な治療を行うべきです。

 

どんなに遅くとも1週間以内には治療を始めなければならず、1ヶ月を経過すると聴力が固定されて回復が困難となるので、直ぐにでも医師の診察を受けるようにしましょう。

 

以上のように、突発性難聴の適切な治療を行えば、耳鳴りが酷くなることはないものの、生理的に引き起こされている症状であれば、このサイトでご紹介している美聴泉で対処できます。

 

美聴泉は、耳鳴りに効き目のある数少ないサプリメントなので、症状を和らげたいという方は是非使ってみてください。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ