パニック障害を伴う耳鳴り・めまい

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

パニック障害を伴う耳鳴り・めまいについて

パニック障害と耳鳴り・めまいには特に関係性がないと言われているものの、同時に引き起こされる可能性は十分にあり得ます。

 

そもそも、パニック障害とは突然引き起こされる激しい動悸や発汗のことを指し、このままでは死んでしまうといった不安感に襲われることもある病気です。

 

パニック障害で意識を失い、救急車で運ばれるというケースもありますが、基本的には数十分から1時間以内に発作はおさまります。

 

この病気で引き起こされる症状が耳鳴りとめまいで、手足がしびれたり、心拍や呼吸が激しくなることも多く、一人で暮らしているという方は発作が起きたらどうしようと不安になるかもしれません。

 

身体に何かしらの異常が見られるというわけではなく、救急車で運び込まれたとしても、医師の診察を受ける頃には発作がおさまり、心電図で検査をしても気のせいだと言われることも多々あります。

 

特に、身体に異常がないのにも関わらず、発作を繰り返すという症状がパニック障害の大きな特徴で、強い恐怖感や不安感を持つという方も決して少なくはないのです。

 

パニック障害を伴う耳鳴りやめまいを治すには、基本的に薬物治療が行われており、不安や緊張などの症状を緩和する抗不安薬や、脳内のセロトニンを増やす選択的セロトニン再取り込み阻害薬が処方されます。

 

どのような薬で治療を行っていくにしても、ただの耳鳴りやめまいではないため、自己ケアで対処するのは非常に難しいでしょう。

 

パニック障害の特効薬はドラッグストアなどでは販売されておりませんし、耳鳴りやめまいがメニエール病と呼ばれる病気によって生じていることもあるので、早めに病院を受診して症状を診てもらった方が良いのです。

 

そして、医師から処方された薬を、用法と用量を守って服用し、パニック発作が引き起こされないようにすれば、耳鳴りやめまいの症状に悩まされることは少なくなります。

 

一度もこの症状に悩まされたことのない方は、どのような状態になるのか想像ができないかもしれませんが、発作の苦しみから死んだ方がマシという心理状態になるかもしれないので、発作のコントロールを主体とした治療が一般的なのです。

 

パニック障害は遺伝によって生じるものではなく、人間は多かれ少なかれ誰でも生きていれば不安を感じるものなので、誰にでも引き起こされる可能性はあるかもしれません。

 

特に、身体が弱って免疫力が落ちていると、様々な不快な症状に悩まされやすいので、普段の生活で体調を保つとともに、ストレスを溜め込まないような対処をしてみてください。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ