風邪を伴う耳鳴り・めまい

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

風邪を伴う耳鳴り・めまいについて

風邪を引いている時に、「キーン」という耳鳴りや、目が回るめまいに悩まされるというのは決して不思議な症状ではなく、熱が出ている時に引き起こされやすいという特徴があります。

 

「鼻がグジュグジュする」「ちょっと微熱がある」という程度であれば、耳鳴りやめまいが生じることは少ないものの、風邪によって熱が出ていると炎症が耳に負担を掛けて不快な症状が引き起こされるのです。

 

眠って風邪を治したいと思っても、耳鳴りがうるさくて眠りにつけないことも多く、不眠症になって風邪をこじらせる大きな原因となります。

 

それに、風邪によって耳鳴りが生じている場合、風邪のウイルスが中耳にまで及んでいる可能性があり、鼻がムズムズするということでかみすぎていると、中耳炎を併発してしまうのです。

 

中耳炎を患うと浮動性めまいや平衡障害が生じることが多く、様々な不快な症状が身体に表れるということがお分かり頂けるでしょう。

 

もちろん、中耳炎を併発している場合は、痛みを我慢したところで何の解決にも至らないため、耳鼻科に行って適切な治療を受けなければなりませんが、ただの風邪であればそれを治せば耳鳴りやめまいは引き起こされずに済みます。

 

どちらにしても、身体の炎症や不調を解消させなければ意味がないため、病院へ行って体調を整えなければなりません。

 

風邪を治しても耳鳴りやめまいが止まないという場合は、ストレスといった他の要因が考えられるため、このサイトでご紹介している美聴泉を使って処置を施すべきです。

 

美聴泉はサプリメントで医薬品ではないため、直ぐに症状が改善されるというわけではないものの、身体の内側からトラブルを解消してくれるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、今まで生きてきて風邪になったことがないという方はほぼいないでしょうし、熱を出して苦しんだ経験は誰にでもあるはずです。

 

とは言え、病院を受診しなくても薬を飲まなくても、身体の免疫力によって直ぐに良くなるケースはあるものの、風邪のウイルスによって炎症が生じると、前庭神経炎といった病気にかかる可能性があります。

 

前庭神経炎に関しては完全に解明されていない部分はあるのですが、風邪のウイルスだけではなく、血液の循環に何かしらの障害があると発症すると言われているのです。

 

この病気を患うと、突然回転性のめまいが引き起こされるようになり、耳周りの血液の流れも滞っているため、耳鳴りの症状も同時に表れるかもしれません。

 

このように、ただの風邪と考えていると、思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので、ちょっとした身体の不調でも病院を訪れた方が良いです。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ