耳閉感を伴う耳鳴り・めまい

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳閉感を伴う耳鳴り・めまいについて

耳閉感に悩まされたことは誰でも一度はあるかもしれませんが、耳の中に何かが詰まって塞がれた感じになったり、上手く聞こえないといった症状のことを指します。

 

たまに耳閉感が生じるのであれば、特に専門的な治療を行う必要はないものの、耳鳴りやめまいといった症状が同時に引き起こされる場合があり、何かの病気のサインかもしれないのです。

 

耳閉感を伴う耳鳴りやめまいが酷いのであれば、ストレスが要因となって引き起こされることが多いメニエール病の可能性が高く、耳の病気の一つとなっております。

 

1856年にフランスの神経内科医がこの病気を発見し、突発的な回転性のめまいや頭の中に鳴り響く耳鳴り、そして耳閉感を訴えるという患者さんもいらっしゃるのです。

 

人によってメニエール病の症状は異なりますが、玄関で靴を履く際に立ち上がった途端に引き起こされたり、数十分から場合によっては数時間に渡って視界がグルグル回ったりと、様々だと説明できるでしょう。

 

このような症状が慢性的に引き起こされれば、仕事や普段の生活に支障を来たすことは間違いないですし、中にはパニック障害に陥ることもあるので、早めに病院へ行って診察を受けた方が良いです。

 

耳閉感を伴った耳鳴りやめまいが生じて、身体が正常であるとは考えづらく、自宅で改善を試みても変化がない場合は十分にあり得ます。

 

とは言え、このサイトでご紹介している美聴泉を飲んでいれば、聞こえのトラブルやめまいの症状を和らげるとともに、日常生活に支障を来たさないようになるはずです。

 

メニエール病を直接治す特効薬ではありませんが、身体の内側から健康を保つサプリメントなので、是非美聴泉を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳閉感や耳鳴り、めまいといった症状が大きな特徴のメニエール病は、ストレスが起因となって発症することが多くなっております。

 

はっきりとしたことは不明ですが、ストレスや疲れは身体に悪影響を引き起こすことが多く、過度に溜まった状態が長期的に続けば、それだけ不快な症状が生じやすくなるのです。

 

また、耳の奥と鼻の奥が繋がっている耳管が開いたままになる耳管開放症という病気を患っている場合、耳閉感を感じることがあります。

 

安静時であれば耳管は閉じておりますが、その開閉が上手くいかない状態なので、耳が詰まった感じや塞がれた感じとなり、ストレスが溜まっていれば耳鳴りやめまいも引き起こされるようになるのです。

 

以前までは、耳管開放症の効果的な治療はなかったものの、医学の進歩によって漢方薬で症状を和らげられることが分かっております。

 

そのため、専門医や薬剤師にどの漢方薬を服用して症状を抑えていけば良いのか、一度伺ってみましょう。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ