貧血を伴う耳鳴り・めまい

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

貧血を伴う耳鳴り・めまいについて

「顔色が悪く血色が良くない」「身体がだるくて足元がふらつく」「動悸や息切れがする」という症状の貧血に悩まされたことのある方はいらっしゃるはずです。

 

貧血の症状は自分から見ても、周囲の人間から見ても分かりにくいのですが、症状が進行することによって、耳鳴りやめまい、頭痛を感じるようになります。

 

ただの貧血と思って甘く見ていると、日常生活に大きな支障が引き起こされるかもしれないので、症状が軽いうちに対処して悪化しないようにしなければならないのです。

 

元々貧血が引き起こされやすいという方はいらっしゃいますが、大きな原因は無理な食事制限を伴ったダイエットで、日本の成人女性の約半数が予備軍だと言われております。

 

貧血によって耳鳴りやめまいが引き起こされていては、ダイエットどころではありませんし、更にストレスを増幅させる大きな原因となるので、十分に注意しなければなりません。

 

貧血の症状は血液の中のヘモグロビン濃度によって異なり、正常な状態ですと大よそ男性で13〜18g/dl、女性で12〜16g/dlとなっております。

 

しかし、そのヘモグロビンの濃度が70%以下になると、顔面が青白くなって血色が悪くなり、更に60%以下となると、激しい動悸に襲われ、いつもよりも疲れやすくなるのです。

 

もし、耳鳴りやめまいが引き起こされた場合は、その濃度が正常値の40%以下にまで下がっていると仮定でき、冷えや寝付きの悪さといった症状も併発します。

 

症状が軽いうちに食べ物やサプリメントで鉄分を補ったり、タンパク質や葉酸といった栄養素を補っていれば、貧血の予防が十分に可能です。

 

特に、鉄分が多く含まれている食べ物はレバーで、食べ過ぎには注意しなければならないものの、豚や鶏のレバーを毎日の食生活に取り入れるだけでも、1日に必要な鉄分を補うことができるでしょう。

 

このような予防を心掛けていれば問題ないのですが、ヘモグロビンの濃度が30%を切ると、身体の抵抗力もどんどん低くなり、食欲不振や吐き気といった症状に悩まされるようになります。

 

それに、僅かなことで別の病気を患うリスクも上がるため、常日頃からの予防を心掛けなければならないというわけです。

 

貧血が引き起こされていないのにも関わらず、耳鳴りやめまいが酷いという方は、他の原因が引き金となっている可能性が高いため、このサイトでご紹介している美聴泉の使用をおすすめします。

 

美聴泉の中には、イチョウ葉エキスを中心とした耳鳴りやめまいに効く成分が含まれており、自宅で気軽に対策を行えるので、是非一度飲んでみてください。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ