耳鳴り・めまいを伴う病気

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴り・めまいを伴う病気について

耳鳴りやめまいが同時に引き起こされているという場合、何かしらの病気に掛かっている可能性があります。

 

他人には聞くことのできない自覚的な耳鳴りは、耳の奥に位置している内耳から脳にかけての神経が、活性化されることで引き起こされるのです。

 

これは誰にでも起こり得る症状ですし、一時的に耳鳴りやめまいが生じているのであれば特に深く気にする必要性は全くないものの、慢性的に生じているのであれば病気かもしれないので、早めに対処しなければなりません。

 

耳鳴りが酷いと集中力がなくなって日常生活に支障を来たしますし、めまいはクラクラしたり真っ直ぐに立っていられない場合もあり、高齢者の場合は転倒の大きな原因となります。

 

耳鳴りとめまいが引き起こされる一般的な病気としては、メニエール病が挙げられ、突然回転性のめまいによって周りがグルグルする症状に加え、耳鳴りや難聴が生じるのです。

 

メニエール病の原因は現代の医学においても、はっきりと解明されておりませんが、過度のストレスが発症に大きな影響を与えているのではないかと考えられております。

 

特に、精神的なストレスが溜まると自律神経失調という病気に掛かるリスクが上がり、内リンパ液のコントロールができなくなって、内リンパ水腫という症状が表れ、神経が圧迫されて耳鳴りやめまいが酷くなるのです。

 

もし、このような病気が原因ならば、直ぐにでも病院で診断しなければならないものの、生理的に引き起こされているのであれば、当サイトで詳しくご説明している美聴泉の使用が適しております。

 

美聴泉はサプリメントなので、病気を治すような効能は持ち合わせていないのですが、有効成分によって聞こえのトラブルやめまいを治せるので、一度使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りやめまいを伴う病気は、上記で説明したメニエール病だけではなく、平衡感覚を司っている三半規管の異常も考えられます。

 

大脳にバランス感覚を伝えている前庭神経と、音の情報を伝えている蝸牛神経に何かしらの異常があると、めまいが発症するとともに耳鳴りが酷くなる傾向があるのです。

 

また、水中に潜ったり、飛行機で高い場所にいる際に生じる病気として外リンパ瘻(ろう)が挙げられ、耳鳴りとともに回転性のめまいが生じます。

 

内耳の急激な気圧の変化によって生じる病気の一つとなっており、外リンパ瘻(ろう)は生理現象の一つなので、特別な治療を施す必要は全くありません。

 

しかし、水から上がったり飛行機を降りて時間が経過したのにも関わらず、耳鳴りやめまいが改善されないという場合は、病気かもしれないので病院を受診した方が良いというわけです。

 

大人の方はあまり発症しない病気ですが、中耳炎や内耳炎が原因となっていることもあり、自宅で治療を施すのは困難なので、早めに専門医に自分の症状をチェックしてもらいましょう。

 

 


「耳鳴り・めまいを伴う病気」についてのページ