アメリカで実施されている耳鳴りの治療

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

耳鳴りで悩むアメリカ人は想像以上に多い

耳鳴りは日本人が悩まされる特有の症状というわけではなく、アメリカ人も同じように引き起こされています。

 

とある調査結果によると、約55%のアメリカ人が両耳で耳鳴りを感じ、約24%の人が頭の中で発生する耳鳴りで日々悩まされていることが分かりました。

 

・26%の人が2種類

・9%の人が3種類

・6%の人が4種類

 

上記のように1つだけではなく複数の耳鳴りで悩まされており、「キーン」「ピー」「ピュー」「トクトク」「サー」など症状には個人差があります。

 

どちらにしても国民病の一つと言っても過言ではなく、知識の周知徹底や治療体制の充実は日本よりも発展しているのです。


アメリカで実施されている耳鳴りの治療は?

アメリカでどのような耳鳴りの治療が実施されているのか、気になっている高齢者は実に多いのではないでしょうか。

 

個人の症状によって医師の判断が異なるので一概には説明できないものの、アメリカ発祥の代替医療であるカイロプラクティックが注目を集めています。

 

解剖学と生理学を理論根拠としていて、まずはカイロプラクティックがどのような処置なのか簡単にまとめてみました。

 

・1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって作られた

・補助的にしか道具は使わず、基本的に手業で患者さんに処置を施す

・医薬品を使わずに手だけで身体へと働きかける

・即効性がない代わりに副作用なく治癒力を高めて体質改善を図れる

 

こういった特徴があり、科学に裏付けられた整体は異なる手技療法です。

 

実際にアメリカだけではなく日本のカイロプラクティック整体院でも耳鳴りの治療が行われていて、後頭骨と頸椎付近の上部頚椎のズレによる神経圧迫(サブラクセーション)が関係しています。

 

手業を使ってこの部位の血流を促し、身体の内側から引き起こされる耳鳴りなどの不具合を解消していくのです。

 

耳鼻科で異常なしと言われてどうしようもない状態でも、カイロプラクティックで緩和するケースは少なくありません。

 

アメリカでも注目を集めているので、耳鳴りで悩む高齢者は一度治療を受けてみてください。


美聴泉(びちょうせん)で身体の内側から対処するのも選択肢の一つ!

サプリメントの美聴泉(びちょうせん)を飲み、身体の内側から耳鳴りの対処をするのも選択肢の一つです。

 

もちろん、サプリメントは医薬品とは違って確実な効果や効能は期待できませんし、「飲んでも変化がない」という方はいます。

 

それでも、栄養不足が引き金となって耳鳴りが日々悪化している高齢者は多いですし、美聴泉(びちょうせん)がその症状の改善をサポートしてくれるのです。

 

多くの高齢者が聞こえのトラブルを改善できているので、ネット通販で美聴泉(びちょうせん)を購入して飲み続けてみましょう。