キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法

 

 

キーンという耳鳴り・めまいの治療方法について

耳鳴り

キーンという耳鳴りや、足元がふらつくようなめまいに悩まされている方は多く、生理的に引き起こされることもあるものの、場合によっては治療が必要となります。

 

耳鳴りは耳の中でキーンという高音やジーンという低音が鳴り響く症状を指し、めまいに関しては天井や壁がグルグル回る回転性めまいや、身体がフワフワとする浮動性めまいなど、様々な症状に分けられるのです。

 

どのような症状だとしても、耳鳴りやめまいは悪化すればするほど治療が難しくなりますし、日常生活に支障を来たすこともあるので、何かしらの対処をしなければなりません。

 

そこで、このサイトでは耳鳴りやめまいの治療方法について詳しくご説明しているので、症状が悪化する前に実践してみてください。


美聴泉(びちょうせん)を使って症状を改善しよう

美聴泉(びちょうせん)

耳鳴りやめまいといった症状に悩まされている方には、美聴泉(びちょうせん)の使用が適しております。

 

美聴泉は自然が育んだサプリメントの一つで、聞こえのトラブルを解消してくれるナギイカダエキスや、めまいや物忘れの改善に役立つイチョウ葉エキスといった有効成分がたっぷりと含まれているのです。

 

「サプリメントで大きな効果は期待できない」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、医薬品のような副作用はなく、場合によっては身体の内側から改善していくのも有効な手段だと言えます。

 

美聴泉を飲んでから直ぐに耳鳴りやめまいが引き起こされなくなるというわけではないものの、ゆっくりと変化を感じている方が多い製品なので、一度使用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


薬を使って治療しよう

薬

現在では100%確実に耳鳴りやめまいを改善する治療方法は解明されておらず、決まりきった方法がないという特徴があります。

 

そのため、必ずしも薬を使った治療方法が最適というわけではないものの、専門医の指示に従って耳鳴りやめまいを治していくのは選択肢の一つです。

 

とは言え、自分勝手な判断でドラッグストアに販売されている薬を使って治療を施しても意味がないですし、個人の体質に合った薬を使わなければ、副作用に悩まされてしまうかもしれません。

 

しかし、医師の指示に従って治療を施すのであれば、個人に適した薬を処方してくれるはずですし、仮に副作用が引き起こされたとしても、その後のケアについて詳しく説明してくれます。

 

耳鳴りやめまいに効き目のある薬としては浸透圧利尿薬が有名で、内耳を満たしている液体が過剰に増えたことが原因で生じる耳のむくみを軽減し、一定に保つ働きをしてくれるのです。

 

内耳の機能が正常に働いていないと、耳鳴りやめまいといった症状が引き起こされやすくなるので、何かしらの病気によって引き起こされている可能性は十分にあります。

 

他にも、耳鳴りを治すための抗不安剤や抗うつ剤、めまいを治すために抗めまい薬やステロイド薬が処方されますが、上記でも説明したように個人の症状によって適した薬は大きく異なるのです。

 

もし、症状が悪化して自宅ケアでは改善が困難なのであれば、早めに病院を訪れて専門医の診察を受け、どのような治療方法を行えば良いのか伺ってみましょう。


マスカー法で治療しよう

マスカー法とは、別の雑音を耳に流して、既に引き起こされている不快な音が気にならないようにする治療のことを指します。

 

マスカー法でめまいを改善できるというわけではないものの、耳鳴りで悩む人の約6割はこの治療で改善すると言われているのです。

 

「耳鳴りを止める」という処置ではなく、「耳鳴りが分からなくなる」という方向性の治療方法で、完全になくすことはできませんが、耳鳴りが気にならなくなれば日常生活に支障を来たすということはほとんどありません。

 

約6割の患者さんにしか効果がないと聞くと、何かを信じ込むことで改善が見られるプラシーボ効果のような気もしますが、結果として患者さんの症状が良くなれば問題はないのです。

 

医療機関ではマスカー用の機器の貸し出しを行っておりますし、小鳥のさえずりといった心地良い音楽や、ラジオのノイズといった身近なものを利用するのも一つの治療方法だと言えます。


自律神経の乱れを改善しよう

過度のストレスや過労によって自律神経が乱れ、自律神経失調症といった病気になると、耳鳴りやめまいといったトラブルが引き起こされやすくなります。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらがバランスを保っているため、私たちは快適に過ごすことができるのです。

 

しかし、ストレスといった要因で乱れが生じると、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、耳鳴りやめまいといった不快な症状が生じます。

 

自律神経の乱れを意識的にコントロールするのはほぼ不可能ですが、「きちんと睡眠をとって疲れを回復させる」「リフレッシュしてストレスを発散させる」というケアを行っていれば、上手くバランスを保つことができるでしょう。